『ビューティーキャンプ』

林真理子の小説、『ビューティーキャンプ』(2016年、幻冬舎)を読みました。ブックオフで見かけて、なんとなく図書館から借りてきていました。暴風雨の夜、一気に読みました。

著者は、1954年、山梨県生まれ。1982年、エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』でデビュー。1986年、『最終便に間に合えば/京都まで』で直木賞を受賞。1995年、『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞を、1998年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。

『ルンルンを買っておうちに帰ろう』『野心のすすめ』は、読んだことがありますが、とくに好きな著者というわけではありません。

ただ、エリカ・アンギャルの『世界一の美女になるダイエット』を読んだことがあり、「ミスコンのファイナリストは、大会前に、歩きかた、スピーチ、運動、食生活などについて、専属のアドバイザーから講習を受ける」と知っていて、興味を持っていました。

「苛酷で熾烈。嫉妬に悶え、男に騙され、女に裏切られ。ここは、美を磨くだけじゃない、人生を変える場所よ。並河由希の転職先はミス・ユニバース日本事務局。ボスは、NYの本部から送り込まれたエルザ・コーエン」。

「ブロンドに10センチヒール、愛車ジャガーで都内を飛び回り、美の伝道師としてメディアでひっぱりだこの美のカリスマだ。彼女の元に選りすぐりの美女12名が集結し、いよいよキャンプ開始。たった一人が選ばれるまで、運命の2週間。小説ミス・ユニバース」ということです。

「ミスコンのアドバイザーの本からの丸写し」、「最後があっけない」といったレビューもあるようですが、私は楽しんで読みました。まあまあです。

ひさしぶりの小説でした。外に出られないなか、時間を忘れて、一気読みするというのは、わりと楽しい経験です。

『人生の勝算』

前田裕二のビジネス書、『人生の勝算』(2017年、幻冬舎)を、読みました。

西野亮廣が、著書のなかで推薦していて、また、「女優の石原さとみとつきあっている」という芸能ニュースも聞き、興味を持っていました。

著者は、1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入社。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。

その後、事業立ち上げについて、就職活動時に縁があった株式会社DeNAのファウンダー南場に相談したことをきっかけに、13年5月、DeNAに入社。15年8月に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。現在は、代表取締役社長。

SHOWROOMとは、「アーティスト、アイドル、モデルなどの配信が、無料で視聴・応援できる。そして、誰でも配信者になれる。画期的な仮想ライブ空間」ということです。

内容は、「いま、最も注目される若き起業家が、生きていくための路上ライブで身につけた人生とビジネスの本質を、すべて明かす。SNS時代を生き抜く為に必要な“コミュニティ”の本質と、SNSの次の潮流であるライブ配信サービスの最前線がわかる」ということでした。

深夜、一気読みでした。若い頃に、メンターについて、寝食を忘れて、仕事をしたのは、藤田晋などの起業家と同じです。(成功者としての回顧録というのを、差し引いても)

興味深かったのは、西野亮廣の本でもふれられていた、セカンドクリエイターの存在でした。また、仮想ライブ空間という事業も、中国の事業の模倣からはじめたということでした。

日本においても、起業家がでてくる土壌ができてきたという気がします。

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』

西野亮廣のビジネス書、『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』(2016年、主婦と生活社)を、読みました。

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』が面白かったので、図書館にリクエストして待つことをせず、アマゾンで買いました。

「漫才師、絵本作家、イベンター、校長、村長、ついには上場企業の顧問にも就任! 肩書きを自由に飛び越える芸人界の異端児が書く、レールからハミ出す人のためのビジネス書」ということです。

ただ今回は、一気に読めませんでした。「自分だけの仕事の作り方・広げ方」、「本当のお金の話」、「常識の覆し方」、「エンタメの仕掛け方」と、テーマが散らばっていたのが、大きいと思います。

興味深かったのは、セカンドクリエイター(「客ではあるけれど、制作にも少しタッチしていますよ。いや、むしろ制作にタッチしているからこそ、熱心な客なんですよ」という、ラジオでいうところの”ハガキ職人”のような人たち)の説明。そういう人たちは、増えていると思います。

著者について、すべてにおいてすごいとは思わないけれど、「おとぎ町」という町までデザインしてしまうのは、やはり秀でていると思います。

いままでは、漠然としていた、クリエイターという仕事が、なんとなくわかってきました。

『Dr.インクの星空キネマ』

にしのあきひろの絵本、『Dr.インクの星空キネマ』(2009年、幻冬舎)を、図書館から借りて、読みました。著者の本は、3冊目です。

にしのあきひろ(西野亮廣)は、1980年生まれ。1999年、梶原雄太と漫才コンビ、「キングコング」を結成。「NHK上方漫才コンテスト」最優秀賞など受賞多数ということです。ちなみに、この絵本が、最初の著書。

「丘の天文台にひとりで暮らすおじいさん、時代遅れのハシゴ屋さん、村人から恐れられているバケモノ、世界中のみんなのために「夢の脚本」を書き続ける人-。それぞれの思いで毎日星空を見上げる孤独な人たちが、小さな幸せを見つける感動のファンタジー」ということです。

絵は緻密ですが、『えんとつ町のプペル』ほど、細かくはありません。ただ、独特の世界をつくっています。時間がかかっているのも、わかります。(バケモノの絵は、ちょっと見ずらかったですが)。

お話は、4部構成で、緩やかにつながっています。そして、144ページという長さです。「子ども向けというより、メルヘン好きの大人向け絵本かなあ」と思いました。

ちなみに、出版は幻冬舎。「幻冬舎は、絵本も出すんだ」と、その懐の深さに、ちょっと驚きました。

『日本人の知らない日本語3 祝!卒業編』

蛇蔵&海野凪子の『日本人の知らない日本語3 祝!卒業編』(2012年、メディアファクトリー)を、読みました。

2010年に、第1巻と第2巻を読み、面白かったので、第3巻も買ったのですが、積読になっていました。

今回は、思いたって、1か月で、読みました。あいかわらず、実体験にもとづいて書かれているので、楽しく読めました。今回は、卒業編ということで、ホロっとくるところもありました。巻末の袋とじは、なくてもいいのにとは思いましたが。

いまから20年くらい前、千葉大学大学院修士課程を修了したものの、就職ができずに迷っていた頃、珍しく、父親が助言してきたことを思い出します。

「君は、大学で、国語教育と英語教育を学んだ。海外留学では、演劇教育を学んだと聞いた。演劇教育もいいが、いまの日本では、就職が難しいだろう。これまでのすべての学びを生かせる職として、日本語講師はどうか」

結局、私は、父親の助言には従わず、トロント大学大学院の博士課程に進学するのですが、「父親の助言は、案外、正しかったのかもしれない。あの時、日本語講師の道を選んでいたら、まったくちがう人生があったのではないか」と、思うことがあります。

いま、自宅から歩いて10分の日本語学校で、日本語講師を募集しています。「週に1回くらい、教えるのも悪くないかな」と思ったりします。

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』

西野亮廣のビジネス書、『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(2017年、幻冬舎)を、図書館から借りて、読みました。

『えんとつ町のプペル』という絵本を読んで、著者に興味をもちました。アマゾンのレビューが、とても高かったというのもあります。

クラウドファンディングにも、興味がありました。(私の周囲で、障がい者のための芸術活動のサポートとか、児童青少年舞台芸術フェスティバルの支援とか、劇団の劇場の再建など、クラウドファンディングをおこなう人がでてきています)。

西野亮廣は、お笑いコンビ、「キングコング」として漫才をするほか、トークライブをしたり、絵本を描いたり、個人でも活動。著書に、小説の『グッド・コマーシャル』、ビジネス書の『魔法のコンパス』があるということです。

一気に読みました。面白かったです。

「革命のファンファーレは鳴った。農業革命よりも、産業革命よりも、大きな革命が、よりによって僕らの時代を直撃した。情報革命だ。ものの売り方が変わり、働き方が変わり、お金の形が変わり、常識が変わり、道徳が変わっていく。超高速回転で」と、はじまります。

そして、「現在においては、お金は、自分の信用で集める。広告は、インターネットをとおして、他人を巻きこむべき」ということを、自分の絵本の制作や出版を例に、説明していきます。

絵本のような商品を、宣伝の戦略を立てて売るというのは、ちょっとひっかかります。ただ、読んでいて刺激的で、「おそらく書いてあることの半分くらいは、正しいのだろうなあ」と思いました。

西野亮廣は、芸人というより、もうクリエイターですね。もうすこし、著書を読んでみようかなと思います。

『えんとつ町のプペル』

にしのあきひろの絵本、『えんとつ町のプペル』(2016年、幻冬舎)を、図書館から借りて、読みました。

「クラウドファンディングで、国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた」と、ネットで話題になっていて、興味をもっていました。絵本を読むのは、本当にひさしぶりです。

にしのあきひろ(西野亮廣)は、お笑いコンビ、「キングコング」として漫才をするほか、トークライブをしたり、絵本を描いたり、個人でも活動。著書に、絵本、『Dr.インクの星空キネマ』、『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』、『オルゴールワールド』が、あるということです。

「4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知らない町がありました。町はえんとつだらけ。ハロウィンの日、夜空をかける配達屋さんが、配達中の心臓を、うっかり落としてしまいました」から、展開していくお話です。

一気に読んだのですが、まず絵がきれいです。33人による分業制をとったということですが、スタジオ・ジブリのアニメの精細画かと思うほどでした。

ストーリーは、メルヘンチックで、子ども向けなのか、大人向けなのか、微妙なところですが、読後感はいいです。英語も併記されていたのは、海外展開も考えているのかと思いました。

北野武とか、片岡鶴太郎とか、木梨憲武とか、芸人さんで、多才な人は多いですね。競争の激しい世界で、勝ち残ってきた人たちですから、当然かもしれません。

『田中宥久子の体整形マッサージ DVDブック 応用スペシャル編』

田中宥久子の『田中宥久子の体整形マッサージ DVDブック 応用スペシャル編』(2007年、講談社)を、読みました。DVDも見ました。

著者の本は、4冊目です。『田中宥久子の体整形マッサージ』の実践編にあたります。図書館で借りました。

著者は、福岡県生まれ。美容学校を設立した祖母の影響を受けて、美粧の基礎を仕込まれながら幼少時代を過ごしたということです。

DVDがおもなので、ガイドブックの説明は、短いです。2日で、さらっと読めました。DVDも、1日で見ました。

「体の贅肉を落とすように、心の贅肉を落としてほしい。美容のために人生があるわけではありません。けれど美容は、人生を楽しむための“自分術”である」ということでした。

これで、田中宥久子は、卒業しようと思います。美容の本も、ずいぶん読んできました。男性美容のサイトでもつくろうかな。

『田中宥久子の体整形マッサージ』

田中宥久子の『田中宥久子の体整形マッサージ』(2006年、講談社)を、読みました。

著者の本は、『田中宥久子の造顔マッサージ』『男も見た目の時代  「今様」いい男の造り方』に続き、3冊目です。アマゾンで検索していて、見つけました。

著者は、第3回ゆうばり国際映画祭ビューティスピリット賞受賞。2006年度マリ・クレールボーテ大賞日本特別賞を受賞ということです。

この本は、「顔も体も「一枚皮」。1枚の皮膚で覆われている。つまり自分の手と意志で造りかえることができる」、「強靭な体を作るのではなく、あくまでもしなやかな体を造る。だから痩身ではなく、「体整形」なのです」ということでした。

大きめの活字で、余白も多く、2日でさらっと読めました。「余分な脂肪をちらし、老廃物をリンパに流すことが大事」ということはわかりましたが、その他は知っていることが多く、あまり新しい学びはありませんでした。

ただ、スポーツジムの炭酸泉で、私がおこなっているマッサージが、まちがっていないことは、確認できました。継続したいと思います。

『男も見た目の時代 「今様」いい男の造り方』

田中宥久子のの男も見た目の時代  「今様」いい男の造り方』(2008年、講談社)を、読みました。

「最近、フェースラインがぼやけてきた。『田中宥久子の造顔マッサージ』を読みなおそうかな」と思い、図書館で検索していて、見つけました。

著者は、ヘア&メイクアップアーティストとして、映画を中心とした映像の世界で30年余活躍。2003年9月デビューのコスメブランド「SUQQU」のクリエイターを経て独立。その独自の新理論で美容業界に衝撃を与え続けたということです。

この本は、「田中造顔メソッド男性版登場。見た目が重視されるのは女性ばかりではない! 男性も外見の印象で、仕事の成果まで違ってくる世の中。悩める男性のための「外観力」アップメソッド!」という紹介でした。

10年前の本で、「男性は、まず仕事をとおして輝くもの。美容は、その補完」というスタンスをとっています。あまり、新しい学びはありませんでした。

ただ、スポーツジムのスタジオ・プログラムの待ち時間にしている造顔マッサージが、まちがっていないことは、確認できました。継続したいと思います。