「言語教育研究会」 第29回研究会

かなり前ですが、昨年の12月21日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第29回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は8人。新しい参加者は、イギリスのエセックス大学や都立大学の大学院で、社会学を学んだ方でした。首藤先生の奥様の同僚とか。

最初に、自己紹介。次に、休憩をはさみながら、テキストの28-29ページを読みました。「教えるという視点」についてでした。いくつか引用すると、

「ホールランゲージの教師は、自分たちをプロフェッショナルだと思っている」「プロとしての能力と知識を、使う余地が与えられることを期待している」

「ホールランゲージの教師は、基礎読本、ワークブック、系統学習などを、受けいれない。そのかわりに、テーマ単元で、児童文学作品を使ったりする」「到達目標のあるプログラムとも、相容れない」

「ホールランゲ―ジの教師は、子どもたちと自分のプロ意識のために、ある教材やプログラムを、拒否する権利と義務をもっている」ということです。

首藤先生いはく、「教科書を利用して、縛られないというのが、処世術」「ドイツの教師は、6割しか、教科書を使わない」「E-learning は、ホールランゲージと真逆かもしれない」とのことでした。

また、「ラーメンを、1本1本食べても、おいしくない。ズルズルとすするのが、おいしい」という言葉も、印象に残っています。

最後の感想と質疑の共有では、私が麹町中学校の実践について、みなさんの感想を訊きました。「定期テストの廃止もいいが、単元テストの準備は大変だろう」「複数の担任制もいいが、内申書や所見は、誰が書くのか」といった意見が出されました。

その他、大村はまの実践(首藤先生いはく、「大村は、先に全部用意している。芦田恵之助やグッドマンは、後追い」)、図書館での経験(いろいろな人がくる。学校の教員は、結構まともで、もっと尊敬されてもいいのでは)などの共有もありました。

楽しい学びの時間でした。

「言語教育研究会」 第28回研究会

かなり前ですが、10月26日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第28回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は10人。新しい参加者は、千葉市放課後子ども教室連絡協議会、千葉市学校教育審議会委員、轟町小学校学校評議員などをしている方でした。

前半は、自己紹介から。「学童保育で、ポケモン図鑑を、すらすら読む子どもに、びっくりした」とか、「不登校の子どもでも、好きな遊戯王デュエルモンスターズのカードゲームは、すらすら読む」といった体験談が、共有されました。

どういう流れだったかは忘れましたが、「マニュアルを読んで、ラブレターを書いても、生きた言葉にはならないでしょう」という、首藤先生の発言も記憶に残っています。

次に、テキストの28ページを読みました。「学習と言語に対する敬意と理解は、教育に対する敬意と理解に、合致する」ということです。なるほどと思いました。

休憩をはさんで、後半は、参加者の講談の披露、ミニセミナーからはじまりました。「落語は、聴いてもらう前提ができている。多くは、匿名の登場人物のセリフで進める」

「それに対して、講談は、聴いてもらうことから始める。多くは、歴史上の人物など、実在の人物や起こった事件を、心理描写もまじえて、面白おかしく伝える。ト書きも多い。お坊さんの説話が元」ということでした。

それから、すこしテキストを読みました。「ホールランゲージの教員は、自分たちをプロだと思っている。彼らは仕事を進めるうえで、常に知識の科学的根拠を参照する」ということです。

「ホールランゲージにおいては、言語や学習や子どもに対する、敬意や理解や愛情が、共通の理念としてあるようだ。それに科学が加わるのが、興味深い」と、思いました。

その他、感想と質疑の共有では、「職場の仕事をしない主任との関係で、悩んでいる」という発言もあり、先輩の参加者からの助言もありました。

楽しい学びの時間でした。

「言語教育研究会」 第27回研究会

ちょっと前ですが、8月31日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第27回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は8人。新しい参加者は、小学校の教員から、いまは図書館勤務をしている方でした。

最初の2時間は、テキストの28ページを読みました。「読み書きは、ダイナミックで、建設的な過程である。読み手は、書き手のテキストを理解するために、自分の知識や価値や経験をくわえていく」ということです。

首藤先生いはく、「たとえば、『牛』という言葉から、多くの人は、白と黒のまだらの牛をイメージするけれど、黒い牛や赤い牛をイメージする人もいる」ということでした。

「読みは、推論と再創造。頭の中で、映画をつくるようなものかもしれない。脚本が同じでも、監督によって、映画は変わってくるでしょう」。なるほどと思いました。

また、「テキストは、本物でなくてはならない。語彙表やフォニックスの順序にあうように、作りあげるべきではない」とありました。

首藤先生いはく、「日本の学校の英語指導助手に、フォニックスを教える人もいるけれど、あれはよくないね」ということでした。

次の2時間は、お団子や京都のお土産の八つ橋を食べながら、自己紹介と近況報告、質疑応答でした。

「学校の国語の授業を変えるには、学力テスト、高校や大学の入学試験を変えるしかないのでは」という問題提起がありました。

首藤先生いはく、「国語のテストや入試は、なくていいと思う。国語は、内容教科でなく、実技科だからね」ということでした。

その他、探求する(調べる)ことについて、書写の授業の臨書の是非についての説明もありました。首藤先生いはく、「探求すると、時間がかかるけれど、新たな気づきもある」、「臨書は、基本的に反対」ということでした。

楽しい学びの時間でした。

「演劇鑑賞教育を考える会」(先生方と劇団の交流会 Vol.15)

7月28日(火)は、新宿のこくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ(旧名称 全労済ホール) で、劇団風の子の『スクラム☆ガッシン 準備完了! 第2号計画’』を見たあと、ロビーで、「演劇鑑賞教育を考える会」(先生方と劇団の交流会 Vol.15)がありました。

主催は、日本児童青少年演劇協会、日本演劇教育連盟、日本児童・青少年演劇劇団協同組合(首都圏演劇鑑賞教室委員会)。学校の教員、児童青少年演劇劇団の関係者が、同じ演劇作品を鑑賞し、そのあと、情報や意見を交換しあうというものです。

私は、3回目の参加でした。参加者は、20人くらい。教員と劇団関係者の割合は、ほぼ5:5。長さは、2時間の会でした。

今回は、最初の自己紹介で、劇を見ての感想を話し、問題提起をしました。

「今日の劇は、とくに学芸会を控えた小学校の演劇鑑賞教室としては、最適かもしれない」

「演劇鑑賞教室は、学校の教育課程とは別に、芸術性の高いものを提供する場合と、学校の教育課程に合わせたテーマや内容のものを提供する場合がある。今回の劇は、その中間に位置していたのではないか」

「どちらがいいとは一概に言えないが、検討すべきテーマであるとは思う」

ただ、話しあいは、「学校の教員、児童青少年演劇劇団の関係者のつながりを、どう確保するべきか」というテーマで、進みました。

そのなかで、「劇団風の子がやっている、鑑賞教室とあわせての学芸会指導」は、新しい可能性をもっているのではないかと思いました。プロの助言がはいると、子どもたちの劇が大きく変わることもあるそうです。

「言語教育研究会」 第26回研究会

6月22日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第26回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は9人。新しい参加者は、千葉大学で長期研修中の中学校の先生でした。

最初の1時間は、テキストの27ページを読みました。

次の1時間は、自己紹介と近況報告でした。高校生が中学校にきてプレゼンテーションをした授業、『走れメロス』のすごろくをつくった授業、「令和」にまつわる古文の公開授業などが、共有されました。

首藤先生は、漢文の教育の歴史について、まとめているそうです。戦後、古文は国語の授業から排斥されなかったけれど、漢文は微妙だったとか。国語の授業の中にいれるのが妥当か、議論があったそうです。

そのあとの1時間は、テキストの28ページを読みました。

まとめると、「言語において、部分の総和は、全体にならない」ということなのですが、「木の机を分解すれば、それはもはや机ではない」というグッドマンの説明。

そして、「ケーキはそのまま食べるからおいしいのであって、それを小麦粉や砂糖に分解してしまったら、おいしくないでしょう」という首藤先生の説明を聞いて、しっくりきました。

最後のふり返りでは、「異年齢の授業、グループ作業などをやってみたい」という感想がありました。そこから、3学年がいっしょの教室で学ぶ、イエナプラン教育を採りいれた学校の紹介などがありました。

ドイツのイエナ大学で始まり、オランダで広がったとか。日本でも今年、長野県佐久穂町で、最初のイエナプランスクールが開校する予定だそうです。私も、カナダのオルタナティブスクールの話などをしました。

楽しい学びの時間でした。

「言語教育研究会」 第25回研究会

1週間前、4月6日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第25回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は8人。新しい参加者は、指導主事の先生でした。

前半は、『月刊 国語教育研究』の564号に掲載された、首藤先生の論文、「通じる喜びが言葉の育ちを支える-幼児期の学びは遊び単元で-」について、質疑応答、話しあいがもたれました。

「遊び単元」というのは、首藤先生のオリジナルだそうです。

「幼児教育では、「単元学習」という言葉に、違和感をもつ人が多い。大村はまたちが、「教える」とか「学習目標」とか「単元目標」という言葉を、出してしまった」

「幼児教育では、「遊びや生活をとおしての学び」、「子どもから自然に出てくるもの」を大切にする人が、多い。ただ、「遊びのひとまとまり」と考えれば、単元学習を幼児教育に活用する道が見えてくる」ということでした。

ちなみに、幼児教育では、「学習指導案」とか「学習目標」という言葉よりも、「活動案」といった言葉が、よく使われるそうです。

また、「子供」と「子ども」の使い分けについての質問も出ました。「自由学園の創始者の羽仁もと子が、「子ども」に変えようと提唱したが、その後の文部科学省の決定では、「子供」にすることになった」そうです。

後半は、テキストの26-27ページを読みました。マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』の序文を引用。

「ホールランゲージの教師は、ある言語や方言や登録語を、除外することはしない」「それぞれの言語のもつ社会的な価値、それを使う話者への影響は認識しているが、それらを適切に視野にいれる」ということでした。

「ホールランゲージの教師は、科学的な視点(言語学や心理学など)を尊重すると同時に、人間的な視点(子どもやすべての言語へのリスペクトと愛情)を大事にしているんだなあ」と思いました。

最後のふり返りでは、首藤先生のヒサジイ学室、「学ばせない」「働きかけない」という実践の紹介もありました。「馬を川まで連れていくことはできるが、水を飲ませることはできない」ということでした。

楽しい学びの時間でした。

「言語教育研究会」 第24回研究会

1か月前ですが、2月11日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第24回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は6人。新しい参加者は、なし。

かなり記憶が曖昧なのですが、前半は、テキストを読みました。社会言語学者のハリディの説を用いて、「言語純粋主義者は、言語使用において、完全な適切さをもとめる。裁判官のようだ。これは、人間の言語に対する尊敬の欠如を覆い隠す」

「また、パワーと社会的ステイタスのある人々の言語は、それらがない人々の言語よりも、よいものととられる。言語への社会的な姿勢は、人々への社会的姿勢を反映する」ということでした。

そこから、「美しい日本語とは。それを教えるべきか」という話しあいに発展しました。首藤先生いはく、「まず通じるかが、大事。共通語でないといけない。言語は、社会的なもの。家庭や職場など、環境によって異なるし、年代やグループによっても変わる」

「美しいとか正しいというのは、必要ないが、目的と相手に応じて、適当な言語というのは、必要だろう。大和ことばだけを使っていたら、現代では、コミュニケートできないでしょう」ということでした。

「各地の方言には、わりと古語が残っている」という指摘もありました。

それから、「幼稚園と小学校の接続を、どう考えるべきか」という質問もでました。首藤先生いはく、「滑らかな接続と適度な段差でいいのでは。段差は、もともとある。新たにつくる必要はない」ということでした。

後半は、2人が早退され、参加者の3人が、働きながら、学位論文を書こうとしていることから、そのための情報交換やアドバイスをしあう、インフォーマルな話しあいとなりました。首藤先生の大学院のゼミ授業にいるようなかんじでした。

楽しい学びの時間でした。

ウズベキスタンでのアシテジ・アジア会議⑩-まとめ

今回の7日間のウズベキスタンでの滞在をふり返ると、「いった甲斐はあった」、「楽しかった」となります。

アシテジ・アジア会議では、「実演家でない自分が、日本の児童青少年演劇について、きちんと説明できるだろうか」と不安だったのですが、なんとか発言できました。

観劇や食事や観光を一緒にするなかで、アジアのアシテジセンターの代表とも、より親しくなることができました。とくに、韓国の2人の代表と、いろいろ話せたのは、よかったと思います。

また今回は、私にとって、はじめての中央アジアへの訪問でした。(このような機会がなければ、一生足を踏みいれることがなかったかもしれません)。

それでも、ホストやボランティアのおかげで、大きなトラブルもなく、滞在を楽しむことができました。

いま、私のフェイスブックには、たくさんの友達申請がきています。「タイムラインが、読めない外国語で埋まるのは、困るんだけどなあ」と思いながら、ウズベキスタンで会った参加者との再会を楽しみにしている自分がいます。

ウズベキスタンでのアシテジ・アジア会議⑨-観光(その2)

最終日は、観光とショッピング、移動の日でした。(すこしゆっくりしたかったので、1日、自己負担で、延泊しました)。

まず、2人のボランティアの協力を得て、ティムール博物館にいきました。ウズベキスタンの歴史の一端がわかりました。

次に、地下鉄に乗って、チョルソーバザールへ。香辛料やドライフルーツ、乳製品や野菜、服や靴を売る店が並び、活気がありました。お土産に、タシケントのTシャツを買いました。

昼食は、サムサ(肉や玉葱のはいったパイ)。夕食には、地元の人が集まるレストランで、シャシリク(羊肉や鶏肉の串焼き)、ビールをとりました。おいしかったです。

ちなみに、今回、ボランティアの通訳(大学生)には、本当にお世話になりました。彼らは、「外国の人とあまり話す機会がないので、勉強になります」といっていましたが、大活躍でした。ありがたいです。

帰りの飛行機は、ほぼ時間どおりでした。

ウズベキスタンでのアシテジ・アジア会議⑧-観光(その1)

4日目は、観光とショッピングの日でした。

まず、バスに乗って、イスラム教のモスクにいきました。天井や壁の装飾は、独特なデザインで、きれいです。神聖なかんじでした。(ウズベキスタンの国民の9割以上は、イスラム教信者だそうです)。

次に、メドレセと呼ばれる、神学校にいきました。1階の部屋のほとんどは、工房・みやげ物屋になっていました。木彫りのお皿に、ペイントをした装飾品が、人気のようです。

それから、アンティークのスザニ(刺繍の施された布)を売る店にいきました。とくに興味もなかったので、チャイハナ(喫茶室)で、緑茶と甘いお菓子をとりました。

そのあと、スーパーマーケットへ。通訳の人が熱心に勧めるので、ドライフルーツとナッツの詰め合わせ、お茶菓子を買いました。あわせて、400円。(安いです)。

ちなみに、ウズベキスタンの人は、レーズンや杏やプラムやイチジクなど、ドライフルーツを、よく食べます。「夏は乾燥して暑いので、果物が傷みやすい。そのために、ドライフルーツにする」ということでした。

夕食は、劇場近くの喫茶店で、プロフ(肉、玉葱、人参をいれた、炊き込みご飯)、サワークリーム、ナン(円形のパン)を食べました。ウズベキスタンの国民食ということです。