『「獺祭」の挑戦 山奥から世界へ』

弘兼憲史の『「獺祭」の挑戦 山奥から世界へ』(2020年、サンマーク出版)を読みました。ネットで発売を知り、即購入。2時間で、一気読みでした。

著者は、山口県岩国市出身。松下電器産業(現パナソニック)を経て、漫画家へ。サラリーマンとしての経歴を生かし、現代社会に生きるさまざまな大人たちの生活や、葛藤をテーマとした作品を描いているということです。

私は、熱烈なファンというわけではありませんが、『島耕作』のシリーズは、すべて読んでいます。

一方、「獺祭」は、高校の同級生主催の日本酒会で、「獺祭 スパークリング」を飲んだことがあります。最近は、日本酒を飲んでいませんが、興味は持っていました。

この本は、「山口県の山奥から世界へと広がる日本酒「獺祭」。1984年、旭酒造の3代目社長として就任した桜井博志はどのような挑戦を重ね、失敗と挫折を繰り返しながら世界中で愛されるブランドを生み出したのか。その軌跡に漫画家弘兼憲史が挑む!」ということです。

前半は、漫画。後半は、エッセイとなっています。読みやすかったです。「獺祭」を製造する「旭酒造」が、「杜氏を使わない」、「問屋を通さない」、「四季醸造」などの改革を進めてきたことがわかりました。

読んだ翌日、千葉駅構内の酒屋で、「獺祭 純米大吟醸 45」を買ってきました。750mlで、1650円。(本当は、「磨き二割三分」を買いたかったのですが、高価で、手がでませんでした)。

いま、冷やした「獺祭」を飲みながら、書いています。飲みやすくて、美味しいです。幸せな時間です。

『女帝 小池百合子』

石井妙子のノンフィクション、『女帝 小池百合子』(2020年、文藝春秋)を読みました。ネットで、勝間和代や内藤忍が、「東京都民は、読むべき」と書いていて、興味をもっていました。(私は、都民ではありませんが)。

「都知事選の前に、読みたいな」と思っていて、「本屋で、購入しよう」と思っていたところ、父親の棚に、この本を発見。(父親は、私以上の読書家です)。他の人に回す前に借りて、読みました。444ページ。一気読みでした。

著者は、1969年、神奈川県茅ヶ崎市生れ。白百合女子大学卒、同大学院修士課程修了。約5年の歳月を費やして『おそめ』を執筆。綿密な取材に基づき、「伝説の銀座マダム」の生涯を浮き彫りにした同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補作となった。

小池百合子は、1952年生まれ。日本の政治家。アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身。女性初の都知事であり、次の総理候補との呼び声も高いということです。

3年半の歳月を費やした、綿密な取材のもとに描かれたこの本は、面白かったです。小池の数奇な半生を、日本の政治の変遷とともに、辿ることができました。

「小池の父親のこと、小池の学歴について、ここまで細かく説明する必要があるのか」、「小池のカイロ時代の同居人に近すぎないか」とも思いましたが、評価は高いです。ベストセラーになるのも、わかります。

それにしても、ひさしぶりのノンフィクションでした。話題の本を読んだのも、しばらくぶりです。「評価の定まった本だけでなく、旬の本も読んでいきたいなあ」と思いました。

『警鐘』

かなり前ですが、渡邉美樹の『警鐘』(2019年、アチーブメント)を、読みました。

私は、渡邉美樹のファンです。ニッポン放送の番組、「渡邉美樹 5年後の夢を語ろう!」は、ポータブル・ラジオ・レコーダーで録音して、毎回欠かさず、聴いています。

「ワタミは、ブラック企業」というイメージを抱いていたときもありましたが、ラジオを聞くうちに、考えが変わりました。いまは、すごい経営者だと思っています。

著者は、ワタミ株式会社代表取締役会長兼グループCEO・元参議院議員。ワタミグループ創業者。外食・介護・宅食・農業・環境等の事業を展開し、「独自の6次産業モデル」を構築。日本経団連理事、政府教育再生会議委員、神奈川県教育委員会教育委員、日本相撲協会「ガバナンスの整備に関する独立委員会」委員、観光庁アドバイザーを歴任。

現在、「学校法人郁文館夢学園」理事長、「公益財団法人School Aid Japan」代表理事としてカンボジア・ネパール・バングラデシュでの学校建設(308校)・孤児院運営、「公益財団法人みんなの夢をかなえる会」代表理事として、実践経営塾「渡美塾」や若者の夢の支援、「公益財団法人Save Earth Foundation」代表理事として、限りある自然資源を有効利用し、持続可能な循環型社会づくりにも携わる。

「医療法人盈進会岸和田盈進会病院」元理事長として、病院経営も経験。2011年、行政に経営を持ち込むため東京都知事選に立候補。101万票を獲得。同年6月より、岩手県陸前高田市参与(震災復興支援)に就任。2013年、参議院選挙(全国比例区)において、104,176票を獲得し当選。財政再建と脱原発をはじめ、6年間、経営者の視点で政策提言をつづけ、「外交防衛委員長」も経験するということです。

広い範囲で、すごい数の役職を経験していることがわかります。それも、ラジオを聞く限り、どれも中途半端ではなく、全力で当たっています。

本の宣伝文では、「6年間の議員生活の中で見てきた日本という国の実情は、経営者の目からは信じられないものでした。これからますます変化していく日本経済の中で、会社と社員を守るために、経営者は何をすればいいのか。政界と経済界の双方を知る渡邉氏が、中小企業経営者に伝えます」と書かれています。

2日で読みました。ラジオですでに聞いたことがほとんどでしたが、面白かったです。とくに、政治家としての苦労が、印象的でした。経営者として、当たり前のことを言っているのに、通らないということ。

また私が、「日本財政破綻論者」であり、「消費税20%論者」になったのは、著者の影響が大きいです。もっと活躍してほしい人だなあと思います。

『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』

染谷昌利の『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』(2013年、インプレス)を、読みました。

著者の本は、『世界一やさしい ブログの教科書 1年生』『世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生』を、読んだことがあります。わかりやすい本でした。

ブログ関係の本では、ちきりんの『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』、立花岳志の『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を、読んだことがあります。それらの次に選んだのが、この本でした。

ただ、アマゾンの評価は高いものの、題名と表紙から、「自分の体験をもとに、ブログで小金儲けする方法を、説明した本ではないか」と思い、購入せずに、図書館にリクエストを出していました。 借りられるまで、1年近くかかりました。

著者は、1975年生まれ。妻一人息子一人。4年制大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当および営業担当を12年間経験した後、2009年に非IT系出身ブロガーとして独立。

運営するブログ「Xperia 非公式マニュアル」が人気を集め、Google AdSenseの成功事例に取り上げられる。現在はブログの運営や執筆、講演、企業やブロガー・アフィリエイター向けのコンサルティングにより、生計を立てているということです。

本書は、「テクニックありきではない人気ブログの作り方を解説したSNS時代の新しい生き方本」。「自分の好きなこと(個性)をネットで収入に変える方法を、根本となる考え方や具体的な収益方法を交えて解説」ということです。

2日で読みました。読みやすかったです。「ブログで飯を食う」ための根幹部分について、書かれた本でした。初心者には、いいと思います。

ただ、新しい学びは、あまりありませんでした。また私は、プロ・ブロガーも目指していないし、毎日、ブログを更新することもできません。

そして、時代はもう、ブログから YouTube に移っているので、すこし内容の古さを感じました。(まだ「YouTube をはじめよう」とは、思っていませんが。ITに関しては、じっくり様子を見て、メジャーになったものに取り組むタイプです)。

それにしても、ブログとメールで確認したら、じつに1年9か月ぶりのパソコン関係の本の読書でした。もっと積極的に、新しい情報をとっていかないといけません。

『あり金は全部使え』

堀江貴文のビジネス書、『あり金は全部使え-貯めるバカほど貧しくなる』(2019年、マガジンハウス)を、読みました。

書店に平積みになっていて、タイトルや帯が挑発的で、興味を持っていました。昨年の7月に購入して読みはじめ、読み終わるまでに5か月かかりました。

堀江貴文の著書は、『稼ぐが勝ち』『ゼロ』『多動力』を、読んだことがあります。ただ、ちょっと言葉遣いが雑で、本も粗製乱造の気配があり、ファンというわけではありません。

著者は、1972年、福岡県生まれ。SNS media & consulting 株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースを手掛けるなど、幅広く活動を展開ということです。

宣伝文では、「成功、人脈、情報、周囲の援助、充実感、幸福感 etc。すべては、お金を使うほどに高まる!最強の人生を拓く絶対ルールを、40の項目にまとめて紹介!堀江貴文哲学、究極の集大成!」と書かれています。

前書きには、「あり金をすべて使うつもりで、やるべきことをしよう。そうすれば、お金に使われ続けるマインドからは、きっと脱出できる」とありました。

たしかに日本には、「コツコツとお金を貯めること」を美徳とする、「貯金信仰」があります。

それに対して、「お金を自分に投資すること」の意義を教えてくれたのは、鳥居祐一でした。最近では、内藤忍も、「50歳を過ぎたら、お金をどう貯めるかだけでなく、どう使うかも考えていくべきだ」というような話を、ブログに書いていました。

そういう意味で、著者の総論には、賛成です。

ただ、ワタナベ薫のブログで、「私の周囲で、自己啓発にはまって、会社を辞め、貯金をセミナーや情報商材に使って、自己破産寸前になった人を、複数見てきた」というような話を読みました。そういう危険はあると思います。

本のなかから、共感した項目。「家を買うな」、「貸し金は捨て金と知れ」、「高くても都心に住め」、「ジムに行け」、「思考の筋トレを怠るな」、「オシャレに気を配れ」。

共感が難しかった項目。「タクシーを使え」、「行列に並ぶバカになるな」、「昼から迷わずうな重を食え」。

考え中の項目。「スマホは最高スペックにこだわれ」、「欲しいモノはすぐに買え」。

『マンガでやさしくわかる親・家族が亡くなった後の手続き』

田中幸宏の『マンガでやさしくわかる親・家族が亡くなった後の手続き』(2016年、日本能率協会マネジメントセンター)を、読みました。

昨年9月、ひとり暮らしの叔父が逝去して、「葬儀やその後の手続きを、補佐しなければならないかも」と思い、書店で購入した本の1冊です。(実際には、叔父の弟さんが、すべて引き受けてくれて、心配しなくて済みました)。

著者は、1970年、東京都生まれ。京都大学文学部卒。20代で中経出版第3編集部編集長に抜擢され、ビジネス書初のミリオンセラー『経済のニュースが面白いほどわかる本』を担当。30歳を目前にして独立。以後、フリーの編集者兼ライター。

マンガは、あべ かよこ。難しい内容をわかりやすく、笑いを加えて解説するマンガが得意。税務監修は、税理士法人レガシィ。相続案件実績日本一(累計8887件)。

「仕事中、主人公の小川華(45)の元に、妹の朋(38)から急に連絡が入った。この間まで元気だった母が急逝したというのだ。死亡届、通夜・葬儀、保険・年金、相続手続き…母を亡くした悲しみに浸かる間もなく、やらなければいけないことが次から次へと現れて―」

「誰もが避けて通れない、親・家族が亡くなった後にやらなければならない手続き・届け出の方法を、マンガと図解、エピソードをもとに解説」ということです。

読みはじめたのは、昨年9月。知らないことが多く、2度読みしてから、次の章に進んでいったので、読み終わるまでに、4か月かかりました。

マンガということで、「読みやすい半面、必要な情報が少ないのでは」とも思ったのですが、相続専門の税理士法人が監修していることもあり、大事な情報は網羅されていたかんじです。

それにしても、「日本の葬儀やその後の手続きは、大変だなあ」という印象をもちました。葬儀は葬儀社、その後の手続きは税理士や司法書士に、依頼する人が多いのも、いまでは頷けます。

『まんがで知る未来への学び-これからの社会をつくる学習者たち』

かなり前ですが、前田康裕の『まんがで知る未来への学び-これからの社会をつくる学習者たち』(2019年、さくら社)を読みました。

著者の『まんがで知る 教師の学び-これからの学校教育を担うために』『まんがで知る 教師の学び2-アクティブ・ラーニングとは何か』まんがで知る教師の学び3-学校と社会の幸福論が、わりと面白かったので、購入しておいたものです。

著者は、熊本大学教育学部美術科卒業。岐阜大学教育学部大学院教育学研究科修了。公立小中学校教諭、熊本大学教育学部附属小学校教諭、熊本市教育センター指導主事、熊本市立向山小学校教頭を経て、2017年4月より熊本大学教職大学院准教授。経済産業省「未来の教室」実証事業教育コーチ。

「新シリーズスタート! 教育書の枠を超え、未来に向かって生きる全ての日本人が少なからず抱く問題意識をあらためて掘り起こし、投げかけます。いまこの国で行われつつある「教育改革」が目指すものとは何か? 」

「受験と部活動に明け暮れる中学校と時代に取り残される地域社会。働き方も生き方も新たな局面を迎えたいま、学校と社会全体が向かうべき方向とは」というテーマ。

「教職大学院の院生、森炎くんが、とある中学校へ研究のためにやってきました。そこは、このままでは20年後に人口がピーク時と比べ2割まで減少してしまうと予想される町にあり、先生方は連日夜遅くまで働いています。何かを変えなくてはいけない。でも何を目指して、どんな事をすればよいのか?」というストーリーです。

ずいぶん前に読んだので、詳しい内容は忘れてしまいましたが、まあまあ面白かったです。「学びと学校と社会」というテーマも興味深かったし、それをマンガとエッセイで描くという試みもいいと思います。

『年収1億円になる人の習慣』

かなり前ですが、山下誠司の『年収1億円になる人の習慣』(2018年、ダイヤモンド社)を、読みました。書店のビジネス書の棚に、平積みになっていて、興味をもっていました。今回は、ブックオフのポイントを使って、購入。

著者は、1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。

現在は、日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」ということです。

「誰でもできるけれど、誰もやっていない「年収1億円の習慣」を、あなたが身につけさえすれば、年収1億円は、実現可能なのです」、「毎日、行う「習慣」だからこそ、その差は、とてつもなく大きいのです」ということでした。

読みはじめたのは、昨年5月。すこしずつ読んでいって、3か月かかりました。ただ、新しい学びや気づきは、あまりありませんでした。

著者が、成功者から積極的に学んできたことは、わかります。日々、仕事の改善に取り組んできたことも、わかります。ただ、美容師や美容室の経営という分野のせいか、私の研究や勉強に応用できるものは、すくなかったです。

また、レビューにもありましたが、「美容師としてのお客への献身」とか、「お金がはいってからの社会への貢献」といったものが、まったく書かれていないのも、気になりました。

いくつか、共感できた習慣を書いておきます。「会議・講義・勉強会では、最前列に座る」、「会社まで「30分以内」に通勤できる場所に住む」、「食事は「有名店よりも名店」、「あの人」がいるお店を選ぶ」

「毎日、体重計に乗るだけで、年収が上がりはじめる」、「お金の大切さを知っている人は、「お金がないみじめさ」を経験している人」、「「2ランク上の人」からのお誘いは、「もちろん行きます」以外言ってはいけない」。

まあ、私の場合、年収1億の実現はなさそうです。

『定年ラジオ』

かなり前ですが、上柳昌彦の『定年ラジオ』(2018年、三才ブックス)を読みました。昨年の6月、叔父の入院手続きの待ち時間などに、まとめて読んだ気がします。

私は、ラジオのニッポン放送のヘビーリスナーです。なかでも、高嶋秀武、上柳昌彦の落ち着いた語り口が好きで、2人が朝の情報番組をやっていた頃は、ラジオレコーダーでタイマー録音をして、くり返し聞いていました。

ラジオ・チャリティー・ミュージックソンの電話受付ボランティアをしたときに、たまたま著者と隣りあわせになり、「いつも聞いています」と、挨拶をしたこともあります。

その上柳の初の自伝的エッセイということで、図書館で借り、期待して読みはじめました。

著者は、1957年生まれ。1981年ニッポン放送入社。『オールナイトニッポン』『FAN! FUN! TODAY』『テリーとうえちゃんのってけラジオ』『うえやなぎまさひこのサプライズ! 』『上柳昌彦のお早うGoodDay!』『上柳昌彦 ごごばん!』等、数多くの人気番組のパーソナリティーを担当。

現在は『上柳昌彦 あさぼらけ』『金曜ブラボー。』『笑福亭鶴瓶日曜日のそれ』に出演。2004年、第41回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。2017年、ニッポン放送を定年退職。退職後もアナウンサーを続けているということです。

高嶋秀武の『高嶋ひでたけの読むラジオ』とちがい、ラジオよもやま話というより、ひとりのサラリーマンとしての自伝でした。私の大学時代からの人生とあわせながら、楽しく読むことができました。

ちょっと意外だったのは、笑福亭鶴瓶から、強い影響を受けているということ。(ちなみに私は、鶴瓶のラジオやテレビの番組は、好きではありません。薬にも毒にもならない話ばかりなので)。

『迷路の外には何がある?』

スペンサー・ジョンソン (著)、門田 美鈴 (翻訳)の本、『迷路の外には何がある?-『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』(2019年、扶桑社)を、図書館から借りて、読みました。本屋で見かけて、興味をもっていました。

ずいぶん前ですが、『チーズはどこへ消えた?』を、読んだことがあります。『チーズはどこへ消えた?』は、日本で400万部、全世界で累計2800万部突破、Amazon史上最大の大ベストセラーだそうです。

著者は、アメリカ・ビジネス界のカリスマ的存在。心理学者であり、医学博士として心臓のペースメーカー開発にもたずさわった。2017年、78歳で逝去とのこと。

「迷路で暮らす小人のヘムとホー。ある日突然、大好きなチーズが消えてしまいます。ホーはその変化に対処して、チーズを探しに出かけました。しかし、ヘムは迷路にとどまることを選択しました」

「迷路に残ったヘムは、そのあとどうなったのでしょうか? ヘムが経験した変化、発見は、あなた自身が直面している「迷路の謎」を解くのにきっと役立つはず」ということです。

30分で、読めました。ハッピーエンドで、読後感は悪くないです。絵本だったかなと思っていたのですが、前後にセミナーでの話しあいを含んだ構成でした。

最近、私も、新しいことを始めたり、挑戦していくことに、躊躇を覚えるようになりました。すこしずつでも、変化を楽しめるようにしたいと思います。