『まんがで知る未来への学び-これからの社会をつくる学習者たち』

かなり前ですが、前田康裕の『まんがで知る未来への学び-これからの社会をつくる学習者たち』(2019年、さくら社)を読みました。

著者の『まんがで知る 教師の学び-これからの学校教育を担うために』『まんがで知る 教師の学び2-アクティブ・ラーニングとは何か』まんがで知る教師の学び3-学校と社会の幸福論が、わりと面白かったので、購入しておいたものです。

著者は、熊本大学教育学部美術科卒業。岐阜大学教育学部大学院教育学研究科修了。公立小中学校教諭、熊本大学教育学部附属小学校教諭、熊本市教育センター指導主事、熊本市立向山小学校教頭を経て、2017年4月より熊本大学教職大学院准教授。経済産業省「未来の教室」実証事業教育コーチ。

「新シリーズスタート! 教育書の枠を超え、未来に向かって生きる全ての日本人が少なからず抱く問題意識をあらためて掘り起こし、投げかけます。いまこの国で行われつつある「教育改革」が目指すものとは何か? 」

「受験と部活動に明け暮れる中学校と時代に取り残される地域社会。働き方も生き方も新たな局面を迎えたいま、学校と社会全体が向かうべき方向とは」というテーマ。

「教職大学院の院生、森炎くんが、とある中学校へ研究のためにやってきました。そこは、このままでは20年後に人口がピーク時と比べ2割まで減少してしまうと予想される町にあり、先生方は連日夜遅くまで働いています。何かを変えなくてはいけない。でも何を目指して、どんな事をすればよいのか?」というストーリーです。

ずいぶん前に読んだので、詳しい内容は忘れてしまいましたが、まあまあ面白かったです。「学びと学校と社会」というテーマも興味深かったし、それをマンガとエッセイで描くという試みもいいと思います。

『年収1億円になる人の習慣』

かなり前ですが、山下誠司の『年収1億円になる人の習慣』(2018年、ダイヤモンド社)を、読みました。書店のビジネス書の棚に、平積みになっていて、興味をもっていました。今回は、ブックオフのポイントを使って、購入。

著者は、1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。

現在は、日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」ということです。

「誰でもできるけれど、誰もやっていない「年収1億円の習慣」を、あなたが身につけさえすれば、年収1億円は、実現可能なのです」、「毎日、行う「習慣」だからこそ、その差は、とてつもなく大きいのです」ということでした。

読みはじめたのは、昨年5月。すこしずつ読んでいって、3か月かかりました。ただ、新しい学びや気づきは、あまりありませんでした。

著者が、成功者から積極的に学んできたことは、わかります。日々、仕事の改善に取り組んできたことも、わかります。ただ、美容師や美容室の経営という分野のせいか、私の研究や勉強に応用できるものは、すくなかったです。

また、レビューにもありましたが、「美容師としてのお客への献身」とか、「お金がはいってからの社会への貢献」といったものが、まったく書かれていないのも、気になりました。

いくつか、共感できた習慣を書いておきます。「会議・講義・勉強会では、最前列に座る」、「会社まで「30分以内」に通勤できる場所に住む」、「食事は「有名店よりも名店」、「あの人」がいるお店を選ぶ」

「毎日、体重計に乗るだけで、年収が上がりはじめる」、「お金の大切さを知っている人は、「お金がないみじめさ」を経験している人」、「「2ランク上の人」からのお誘いは、「もちろん行きます」以外言ってはいけない」。

まあ、私の場合、年収1億の実現はなさそうです。

『定年ラジオ』

かなり前ですが、上柳昌彦の『定年ラジオ』(2018年、三才ブックス)を読みました。昨年の6月、叔父の入院手続きの待ち時間などに、まとめて読んだ気がします。

私は、ラジオのニッポン放送のヘビーリスナーです。なかでも、高嶋秀武、上柳昌彦の落ち着いた語り口が好きで、2人が朝の情報番組をやっていた頃は、ラジオレコーダーでタイマー録音をして、くり返し聞いていました。

ラジオ・チャリティー・ミュージックソンの電話受付ボランティアをしたときに、たまたま著者と隣りあわせになり、「いつも聞いています」と、挨拶をしたこともあります。

その上柳の初の自伝的エッセイということで、図書館で借り、期待して読みはじめました。

著者は、1957年生まれ。1981年ニッポン放送入社。『オールナイトニッポン』『FAN! FUN! TODAY』『テリーとうえちゃんのってけラジオ』『うえやなぎまさひこのサプライズ! 』『上柳昌彦のお早うGoodDay!』『上柳昌彦 ごごばん!』等、数多くの人気番組のパーソナリティーを担当。

現在は『上柳昌彦 あさぼらけ』『金曜ブラボー。』『笑福亭鶴瓶日曜日のそれ』に出演。2004年、第41回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。2017年、ニッポン放送を定年退職。退職後もアナウンサーを続けているということです。

高嶋秀武の『高嶋ひでたけの読むラジオ』とちがい、ラジオよもやま話というより、ひとりのサラリーマンとしての自伝でした。私の大学時代からの人生とあわせながら、楽しく読むことができました。

ちょっと意外だったのは、笑福亭鶴瓶から、強い影響を受けているということ。(ちなみに私は、鶴瓶のラジオやテレビの番組は、好きではありません。薬にも毒にもならない話ばかりなので)。

『迷路の外には何がある?』

スペンサー・ジョンソン (著)、門田 美鈴 (翻訳)の本、『迷路の外には何がある?-『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』(2019年、扶桑社)を、図書館から借りて、読みました。本屋で見かけて、興味をもっていました。

ずいぶん前ですが、『チーズはどこへ消えた?』を、読んだことがあります。『チーズはどこへ消えた?』は、日本で400万部、全世界で累計2800万部突破、Amazon史上最大の大ベストセラーだそうです。

著者は、アメリカ・ビジネス界のカリスマ的存在。心理学者であり、医学博士として心臓のペースメーカー開発にもたずさわった。2017年、78歳で逝去とのこと。

「迷路で暮らす小人のヘムとホー。ある日突然、大好きなチーズが消えてしまいます。ホーはその変化に対処して、チーズを探しに出かけました。しかし、ヘムは迷路にとどまることを選択しました」

「迷路に残ったヘムは、そのあとどうなったのでしょうか? ヘムが経験した変化、発見は、あなた自身が直面している「迷路の謎」を解くのにきっと役立つはず」ということです。

30分で、読めました。ハッピーエンドで、読後感は悪くないです。絵本だったかなと思っていたのですが、前後にセミナーでの話しあいを含んだ構成でした。

最近、私も、新しいことを始めたり、挑戦していくことに、躊躇を覚えるようになりました。すこしずつでも、変化を楽しめるようにしたいと思います。

『勝間式超コントロール思考』

勝間和代の『勝間式超コントロール思考』(2019年、アチーブメント出版)を読みました。

勝間和代のメールマガジンは、愛読していて、彼女の本は、8冊ほど、読んでいます。ただ、本は読みづらいこともあったり、当たりはずれがあるので、しばらく購入していませんでした。

今回は、レビューがいいこともあり、アマゾンのまとめ買いで購入しました。3日で、読みました。当たりというかんじです。

「超コントロール思考」とは、「自分も他人も大事にしつつ、時間やお金を効率的に使いながら、イメージ通りに物事を進める方法」ということです。

「無意識に受け入れている不便なこと、いつのまにか惰性で行っている無駄なこと、必要ないのに払っているお金などを徹底的に洗い出し、ITを駆使して情報を集め、選択肢を増やし、もっとも最適な方法を見つけて実行する」ことが、「超コントロール思考」が目指すところとか。

メルマガと重複するところも、たくさんありましたが、実践的で、いまの勝間和代の生活と生きかたが、凝縮された内容でした。とくに、印象に残ったのは、「お金のコントロール」と、「人間関係のコントロール」。

「iDecoより、NISA」、「クレジットカードも用途に合わせて使い分け」、「大人数になるほど人間関係はうまくいく」、「「書く」ことは新たな人間関係を構築する」ということです。

勝間塾、はいろうかなあ。

『できるゼロからはじめる Android スマートフォン超入門』

法林岳之・清水理史のできるゼロからはじめる Android スマートフォン超入門 改訂3版(できるゼロからはじめるシリーズ)(2018年、インプレス)を、読みました。

アフィリエイト、インスタグラム、メルカリ、LINE、ビットコインときて、今度はスマホです。

私は現在、ガラケー(auの簡単ケータイ)を使っています。人と待ちあわせをするときくらいしか、持ち歩かないので、費用は、月に800-900円です。

ただ、昨年の夏、中国の北京にいったさい、知人がスマホで、行先までのルートを地図に表したり、LINEやメールを使ったりするのを見て、便利だなあと思いました。

ITに詳しい甥に訊くと、「大手キャリアのiPhoneは高いですけど、アンドロイドで格安SIMを使えば、月に3000-3500円くらいでできますよ」ということ。

とりあえず、入門書を読もうと思って、購入したのがこの本です。読みはじめてから、7か月かかりました。いまは、買うならば、HUAWEIのエントリー機でいいかなと思っています。

また、カメラ、地図、食べログ、乗換案内などは、使いたいなあと思いました。ただ、私が知りたかった、スマホの選定・購入・契約の手順、機種ごとの特徴などは、書かれていませんでした。

学生が、「スマホは、本で読むより、とりあえず買って、あとは友達に訊くのが一番ですよ」と助言してくれましたが、そのとおりかもと思います。

さて、大手キャリアのお店は回って、あとは近くのヨドバシカメラで相談する段階なのですが、人通りの激しいところに窓口があって、どうもいく気になりません。どうしようかな。

『Dr. コパの金運&宝くじ風水 』

小林祥晃のDr. コパの金運&宝くじ風水 (Dr. コパの決定版幸せ風水シリーズ)(2011年、主婦と生活社)を読みました。

宝くじ関連の本を読んでいて、「意外と、風水に従っている人が多い」ことを知りました。著者の名前は、よく聞いていたので、「1冊、試しに読んでみよう」と、アマゾンで中古本を購入しました。

著者は、建築家。一級建築士として家づくりに携わる傍ら、日本の風水家相の第一人者として独自の理論を展開、一大風水ブームを巻き起こす。明るいキャラクターと現代に即した開運法が人気を博し、雑誌・テレビ・講演などで幅広く活躍中ということです。

「進化した金運&くじ運アップ風水を大公開! コパさん秘伝の住まいの金運風水、お金に好かれる開運アクションなど盛りだくさんの内容!」ということでした。

読みはじめてから、6か月かかりました。途中で何度も、「もう読むのをやめよう」と、考えました。はっきりいって、ハズレ本です。

印象に残ったのは、「意識していなかったけれど、お金と宝くじは、黄色の長財布にいれて、家の西側にある机の引き出しに入れているなあ」ということくらい。ほかに、実践しようと思うものは、ありませんでした。

『遠慮しない生き方』

鳥居祐一の『遠慮しない生き方』(2019年、サンマーク出版)を読みました。

著者は、作家、パーソナルブランディング・コンサルタント。5歳よりアメリカ・ニューヨークで育ち、日米で教育を受ける。在米20年以上。サラリーマン生活をやめ、アメリカで成功哲学を学ぶ。年間約90日は海外生活。グループコンサルティングやセミナー講師として活躍しているということです。

私がこの30年で、もっとも影響を受けた人のひとりです。出版された本は、すべて読んでいます。『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』は、3回くらい読み返しました。無料のメールマガジンも、楽しく読んでいます。

この本は、新刊応援キャンペーンで、2冊買いました。キャンペーン参加者には、メールマガジン無期限購読権がもらえるということで、即決でした。受けとった日、「はじめに」を読み、その翌日、一気に読み終えました。

「「遠慮しない生き方」というのは、自分が好きなありのままの自分でいることです。常に焦点を自分に合わせて、自分がいいと思うかどうか、自分がそれを好きかどうかだけで物事の判断をすること」

「「遠慮しない生き方」をすること、誰にも遠慮せずとことん自分らしく生きることこそが他者を惹きつける一番の方法なのです」ということでした。

面白かったです。メールマガジンに書いてあったことと重複する部分が多いのですが、復習のように読みました。ほぼ体験にもとづいて書かれているので、説得力があります。

とくに印象に残っているのは、「人生は、短い。遠慮している暇はない」「自分という情報を遠慮せずアウトプットする」という言葉です。大学の授業、実践記録、研究論文、ブログ、ツイッター、メルマガなど、遠慮せずに出していこうと思います。

『いっしょにのぼろう』

マリアンヌ・デュプク (著)、 さかた ゆきこ (翻訳)の絵本、『いっしょにのぼろう』(2018年、TAC出版)を、図書館から借りて、読みました。

在日カナダ大使館広報部のメールマガジンで、紹介されていて、興味をもっていました。

著者は、1980年、カナダのモントリオール生まれの絵本作家。ケベック大学モントリオール校でグラフィックデザインを学び、2006年に初めての絵本、『La Mer(海)』を発表。

その後、『ネズミのゆうびんやさん』『ネズミのゆうびんやさんのなつやすみ』(偕成社)など、多くの絵本を手がけ、数々の賞を受賞。この絵本は、2018年のカナダ総督文学賞(フランス語/児童書部門)、TDカナダ児童文学賞を受賞とのこと。

「日曜日にはいつも、仲間たちとふれあいながら、<こんもり山>にのぼるアナグマのおばあさん。 ある日、子ネコのルルと出会ったことで、ふたりは一緒に山にのぼるようになります」

「山の秘密や、友達をたすけること、そして自分でえらばなければならないことなど、ルルはアナグマのおばあさんからさまざまなことを学んでいきます。おばあさんとルルとのやりとりを通じて、人生について考えさせられます 」ということ。

15分で、読めました。読後感は、いいです。

なんとなく、これまで年上の人から教えられてきたこと、これから年下の人に伝えていきたいことが、浮かんできます。大人も、しみじみ楽しめる本だと思います。

『宝くじで1億円当たった人の末路』

鈴木信行の『宝くじで1億円当たった人の末路』(2017年、日経BP社)を、読みました。

まず、書店で見て、題名に魅かれました。次に、目次を見ると、自分にも当てはまりそうな項目がいくつかあったので、購入を決めました。

著者は、日経ビジネス副編集長。慶応義塾大学経済学部卒業。日経BP社に入社。「日経ビジネス」、日本経済新聞産業部、「日経エンタテインメント!」、「日経トップリーダー」を経て、2011年1月より現職ということです。

目次の項目は、宝くじで1億円当たった人、「友達ゼロ」の人、子供を作らなかった人、自分を探し続けた人、留学に逃げた人、8時間以上寝る人など。

共通するテーマは、「人生で一つの『選択』をした後、どんな『末路』が待ち受けているか」。結論は、「同調圧力なんて関係ない。今日から自分がやりたいことをやり、やりたくないことはやめましょう」。

読みはじめてから、5か月かかりました。はっきり言って、ハズレ本でした。興味深い項目が並んでいますが、インタビューしたのは、ひとつの項目について、ひとりだけ。それも、科学的データにもとづいたものではありません。

この本は、漫画やテレビドラマにもなっているようですが、見ることはないでしょう。アマゾンの評価で、5段階の2.5というのも、肯けます。『人は見た目が9割』と、同じ。題名と目次につられたことを、後悔しています。