『遠慮しない生き方』

鳥居祐一の『遠慮しない生き方』(2019年、サンマーク出版)を読みました。

著者は、作家、パーソナルブランディング・コンサルタント。5歳よりアメリカ・ニューヨークで育ち、日米で教育を受ける。在米20年以上。サラリーマン生活をやめ、アメリカで成功哲学を学ぶ。年間約90日は海外生活。グループコンサルティングやセミナー講師として活躍しているということです。

私がこの30年で、もっとも影響を受けた人のひとりです。出版された本は、すべて読んでいます。『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』は、3回くらい読み返しました。無料のメールマガジンも、楽しく読んでいます。

この本は、新刊応援キャンペーンで、2冊買いました。キャンペーン参加者には、メールマガジン無期限購読権がもらえるということで、即決でした。受けとった日、「はじめに」を読み、その翌日、一気に読み終えました。

「「遠慮しない生き方」というのは、自分が好きなありのままの自分でいることです。常に焦点を自分に合わせて、自分がいいと思うかどうか、自分がそれを好きかどうかだけで物事の判断をすること」

「「遠慮しない生き方」をすること、誰にも遠慮せずとことん自分らしく生きることこそが他者を惹きつける一番の方法なのです」ということでした。

面白かったです。メールマガジンに書いてあったことと重複する部分が多いのですが、復習のように読みました。ほぼ体験にもとづいて書かれているので、説得力があります。

とくに印象に残っているのは、「人生は、短い。遠慮している暇はない」「自分という情報を遠慮せずアウトプットする」という言葉です。大学の授業、実践記録、研究論文、ブログ、ツイッター、メルマガなど、遠慮せずに出していこうと思います。

『いっしょにのぼろう』

マリアンヌ・デュプク (著)、 さかた ゆきこ (翻訳)の絵本、『いっしょにのぼろう』(2018年、TAC出版)を、図書館から借りて、読みました。

在日カナダ大使館広報部のメールマガジンで、紹介されていて、興味をもっていました。

著者は、1980年、カナダのモントリオール生まれの絵本作家。ケベック大学モントリオール校でグラフィックデザインを学び、2006年に初めての絵本、『La Mer(海)』を発表。

その後、『ネズミのゆうびんやさん』『ネズミのゆうびんやさんのなつやすみ』(偕成社)など、多くの絵本を手がけ、数々の賞を受賞。この絵本は、2018年のカナダ総督文学賞(フランス語/児童書部門)、TDカナダ児童文学賞を受賞とのこと。

「日曜日にはいつも、仲間たちとふれあいながら、<こんもり山>にのぼるアナグマのおばあさん。 ある日、子ネコのルルと出会ったことで、ふたりは一緒に山にのぼるようになります」

「山の秘密や、友達をたすけること、そして自分でえらばなければならないことなど、ルルはアナグマのおばあさんからさまざまなことを学んでいきます。おばあさんとルルとのやりとりを通じて、人生について考えさせられます 」ということ。

15分で、読めました。読後感は、いいです。

なんとなく、これまで年上の人から教えられてきたこと、これから年下の人に伝えていきたいことが、浮かんできます。大人も、しみじみ楽しめる本だと思います。

『宝くじで1億円当たった人の末路』

鈴木信行の『宝くじで1億円当たった人の末路』(2017年、日経BP社)を、読みました。

まず、書店で見て、題名に魅かれました。次に、目次を見ると、自分にも当てはまりそうな項目がいくつかあったので、購入を決めました。

著者は、日経ビジネス副編集長。慶応義塾大学経済学部卒業。日経BP社に入社。「日経ビジネス」、日本経済新聞産業部、「日経エンタテインメント!」、「日経トップリーダー」を経て、2011年1月より現職ということです。

目次の項目は、宝くじで1億円当たった人、「友達ゼロ」の人、子供を作らなかった人、自分を探し続けた人、留学に逃げた人、8時間以上寝る人など。

共通するテーマは、「人生で一つの『選択』をした後、どんな『末路』が待ち受けているか」。結論は、「同調圧力なんて関係ない。今日から自分がやりたいことをやり、やりたくないことはやめましょう」。

読みはじめてから、5か月かかりました。はっきり言って、ハズレ本でした。興味深い項目が並んでいますが、インタビューしたのは、ひとつの項目について、ひとりだけ。それも、科学的データにもとづいたものではありません。

この本は、漫画やテレビドラマにもなっているようですが、見ることはないでしょう。アマゾンの評価で、5段階の2.5というのも、肯けます。『人は見た目が9割』と、同じ。題名と目次につられたことを、後悔しています。

『日本人の知らない日本語4 海外編』

蛇蔵&海野凪子のコミックエッセイ、『日本人の知らない日本語4 海外編』(2013年、メディアファクトリー)を、読みました。

2010年に、第1巻と第2巻を読み、昨年9月に、第3巻を読みました。今回は、すこしずつ読んで、3か月かかりました。

海外編ということで、カラーで、写真もいっぱい載っています。海外の日本語教育の実情もわかります。そこそこ面白いです。

ただ、外国の文化の紹介に、かなりのページを割いていて、日本語学習者のエピソードが、あまり記憶に残りません。そろそろ、ネタが切れてきたのかなあと思いました。

これで、このシリーズは終わっているようです。読み切ったということで、ちょっとした充実感があります。

コミックエッセイは、小栗左多里の『ダーリンは外国人』シリーズ、よしたにの『ぼく、オタリーマン。』シリーズ、わたなべぽんの『スリム美人の生活習慣をマネしたら』シリーズなどを、読んできました。

次は、誰にしようかな。

『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』

藤村岳の『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』(2016年、宝島社)を、読みました。著者の本は、『男の身だしなみ 100の基本』を、読んだことがあります。

まず、題名に魅かれました。私自身、ここ数年、爪のケアに気を配っているからです。(テコ型爪切りとニッパー型爪切りを併用し、2週間に1回は、キューティクルオイルを塗っています)。

毎日、すこしづつ読んで、4か月かかりました。

著者は、男性美容研究所(http://danbiken.net/)を主宰。シェービングを中心とする独自の美容理論を打ち立てる。男性美容のパイオニアとして活動中ということです。

「自らを整えることで、相手に不快な思いをさせない細やかな心遣いのできる人こそ、一流」

「体と心をケアすることを通して人生を健康で豊かに、さらに人間関係をより円滑に進められるようになる」ということでした。

スキンケアの方法、物事の考え方、生活のあり方など、知っていることが多かったです。新しい学びは、「風呂ではまず、足を洗う」、「シャンプーを最初から見直す」ことくらい。

また、「ヒゲは大事な相棒」とか、「表情ジワは男の勲章だ!」とか、 「白髪さえ楽しんでいる」とか、意見がちがうところもあります。

ただ、知っていても、実行に移していないこともあるので、できる範囲で、毎日の生活に自然に取り入れ、もっと自分を輝かせていこうと思います。

『オルゴールワールド』

にしのあきひろの絵本、『オルゴールワールド』(2012年、幻冬舎)を、図書館から借りて、読みました。著者の本は、5冊目です。

にしのあきひろ(西野亮廣)は、1980年生まれ。「絵本『Dr.インクの星空キネマ』で世間を驚愕させ、『Zip&Candy ロボットたちのクリスマス』で泣かせた、感動クリエイター」ということです。ちなみにこれが、著者3冊目の絵本。

「空中帝国に住むカンパネラ少年は、はるか下の地上にある深い森に、少女を見つける。 彼女に恋をしたカンパネラは、一度だけ、森で彼女と過ごすことが許されたが、所詮、かなわぬ恋。それでも、二人はつながっていたかった」

「カンパネラは、それから50年かけて、大きなラッパを作り続けた。50年かけてようやく完成したそのラッパで、カンパネラはいったい何をしようというのか―? 」

「タモリの発案を、キングコング西野が物語に仕立て、さらに黒いペン1本で絵本にした。各界から評価の高い、にしのあきひろの絵本の最高傑作」ということです。

絵は、前の2冊より、緻密になっています。お話は、分かりやすい、ショートショートのようなかんじです。「『風の谷のナウシカ』と、設定が似ている」と思いました。読後感はいいです。

ただ、著者の本は、もういいかなというかんじです。いったん、離れます。

『Zip & Candy ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』

にしのあきひろの絵本、『Zip & Candy ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』(2010年、幻冬舎)を、図書館から借りて、読みました。著者の本は、4冊目です。

にしのあきひろ(西野亮廣)は、1980年生まれ。「絵本『Dr.インク星空キネマ』では、物語と絵の力で世間を驚愕させた」ということです。これは、著者の2冊目の絵本。

「新型ロボットの男の子・ジップと、旧型ロボットの女の子・キャンディ。ジップはキャンディに恋をした。ジップの翼で街じゅうをデートしたふたりは、クリスマスの日に、モミの木の下で会うことを約束する。ところが、ある日、キャンディのメモリー機能に異変が起きた」

「これ以上思い出を重ねると、キャンディは壊れてしまう。愛する彼女を守るため、ジップができる唯一のことは、キャンディをあきらめること。ジップのひとりぼっちのクリスマスに、サンタクロースは微笑えんでくれるのか」というストーリーです。

絵は『Dr.インクの星空キネマ』より、緻密になっています。ただ、主人公を背景から見つけるのに、ちょっと苦労したりしました。

お話は、分かりやすい、ショートショートのようなかんじです。ハッピーエンドなので、読後感はいいです。

ただ、レビューを読んでいたら、「メモリーがなくなったのなら、足せばいいのに」という意見があり、それもそうだと思いました。

『驚くほどお金を引き寄せる! 龍神風水』

愛新覚羅ゆうはんの驚くほどお金を引き寄せる! 龍神風水(2018年、日本文芸社)を読みました。

宝くじ関連の本を読んでいて、「意外と、風水に従っている人が多い」ことを知りました。そこで、アマゾンで検索して、レビューの多い、この本を見つけました。本屋で手にとると、イラストも多く、読みやすそうだったので、購入しました。

著者は、占い師、風水師、開運ライフスタイルアドバイザー、デザイナー。中国黒龍江省ハルビン市生まれ。映画「ラスト・エンペラー」で知られる清朝の皇帝・愛新覚羅一族の流れをくむ。5歳のときに来日。桑沢デザイン研究所を卒業後、 北京大学に1年留学し、中国語を学ぶ。

帰国後は、アパレル企業での勤務などを経て、幼少期から備わっていた透視能力に加え、タロットカードや占星術なども生かし、「ジョカ」の別名で占い師デビュー。占い・風水スクールの主催、開運アパレルブランドのプロデュースなど、多岐にわたって活動しているそうです。

ちょっと怪しいかんじです。

「龍神」とは、「神獣(霊獣)の一種で、金運、仕事運、ご縁を繋ぐ人脈運をアップさせてくれる絶大なパワーを持つ存在」。「龍神風水」とは、「龍神を味方につけ、それと同時に風水を実践して金運をあげる方法」ということです。

本では、部屋や自分を、どう整えていけばよいか、いろいろ紹介されています。ただ、私や家族がすでに実践していることが多く、あまり新しい学びや気づきはありませんでした。

わかったのは、私の守護神は、「青龍」で、ラッキーナンバーは、「7」。ラッキーカラーは、「青」ということ。

「むやみやたらにパワースポットに行かない」、「パワースポットの参拝時は、名前、住所、誕生日を伝える」といったことくらいでしょうか。

それにしても、昔は占いとか風水とか、まったく興味がなかったのに、いまこういう本を読んでいるのは、不思議なかんじがします。

『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』

大塚雄介のいまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン(2017年、ディスカヴァー・トゥエンティワン)を、読みました。

アフィリエイト、インスタグラム、メルカリ、LINEときて、今度は、ビットコインです。数年前に、本田健が、「国際的な通貨が、広まるかもしれない」と話していて、またニュースでもその価値の乱高下について目にして、興味をもっていました。

著者は、コインチェック株式会社共同創業者兼COO(最高執行責任者)。1980年、群馬県生まれ。早稲田大学大学院修了、物理学修士号取得。リクルートから分社独立した株式会社ネクスウェイで経験の後、レジュプレス株式会社創業ということです。

読みやすそうだったので、購入を決めたのですが、読み終わるまでに、6か月かかりました。(私は、数字に弱いようです)。

「ビットコインは、ブロックチェーンという新技術によって生まれた「仮想通貨」であり、0と1で表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」である」

また、「特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」でもあるという、きわめて複雑な特徴を持って」いるということでした。

なんとなく全体像は把握したのですが、ビットコインを購入する予定はありません。現段階では、投資ではなく、投機だと思っています。

「手数料を払わずに、安心して海外送金できるシステムができればなあ」とは思いますが。

『多動力』

堀江貴文のビジネス書、『多動力』(2017年、幻冬舎)を、読みました。

7月の終わりに、ビジネス書をまとめ買いした時の1冊です。長いあいだ、書店に平積みになっていて、興味を持っていました。

堀江貴文の著書は、『稼ぐが勝ち』『ゼロ』を、読んだことがあります。ただ、ちょっと言葉遣いが雑で、本も粗製乱造の気配があり、ここ数年、すこし距離を置いていました。

著者は、1972年、福岡県生まれ。SNS media & consulting 株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開ということです。

この本は、「一つのことをコツコツとやる時代は終わった。これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ」と述べられています。

たしかに日本には、「石の上にも3年」とか、「ひとつのことに、10000時間、10年使いなさい」といった言葉があります。マルチに活躍する本田圭佑よりも、ひとつのことに打ちこむイチローや三浦知良が評価される、土壌もあると思います。

ただ今回は、「マルチに動いてもいいのでは」と思いました。人生100年、ひとつの会社で定年まで勤める人は、少なくなりました。

私も、じつは結構真剣に、副業としての起業を考えています。いまのところ、資金も時間もありませんが、面白そうです。さて、できるかな。