『演劇と教育』(第701号)

日本演劇教育連盟編集の機関誌、『演劇と教育』の第701号(2018年1+2月号、晩成書房)を、読みました。

わりと面白かったです。とくに、2つの実践記録。綿井朋子の「表現はコトバを超える-全国高校生手話パフォーマンス甲子園出場実践報告」(奈良県立ろう学校演劇部の実践記録)。

そして、佐藤ようすけの「『わたしのお日さま体操クラブ』上演までの記録」(劇団「はなまる」-知的障害を持つ子と親の劇団の実践記録)。

いま、「健常者と障がい者がともに携わる演劇」について、関心をもっているので、興味深く読みました。

また、2つの記事。松本信弘の「舞台芸術科の授業について」(埼玉県立芸術総合高等学校舞台芸術科の教育課程の紹介)。

井原法子の「演劇的手法を使った詩の授業-ゲストティーチャーと連携して-」(世田谷区の中学校が、世田谷パブリックシアターと一緒におこなった授業記録)も、興味深く読みました。これからの展開が楽しみです。

『演劇と教育』には、これらのような実践や新しい試みを見つけだして、記録や紹介記事を掲載して、広めていってほしいと思います。