第70回 NHK紅白歌合戦

かなり前ですが、テレビで、録画しておいた、「第70回 NHK紅白歌合戦」を見ました。1日に30分くらいずつ見ていって、1週間かかりました。

私は、「NHK紅白歌合戦」を、日本で最大のコンサートだと思っています。これだけのアーティストが、これだけのお金をかけたステージで、これだけ熱唱することは、まずありません。

多くの人は、ザッピングをしたり、年越し蕎麦の準備をしながら見るようですが、私は録画をして、きちんと見ます。

今回、「歌がうまいなあ」と思ったのは、Superflyの「フレア」、MISIAの「アイノカタチメドレー」。

印象に残っているのは、椎名林檎の「人生は夢だらけ~お願いガッテン篇~」。椎名は、「よくわからない音楽」というイメージがあったのですが、魅かれる人がいるのもわかりました。

氷川きよしの「紅白限界突破スペシャルメドレー」も、記憶に残っています。演歌歌手という枠を超えて、アイドル、ロック歌手のようでした。

あとは、竹内まりやの「いのちの歌」、AKB48「恋するフォーチュンクッキー~紅白世界選抜SP~」も、よかったなあ。

残念だったのは、AI美空ひばりの「あれから」。(無理がある気がします)。それから、NHK2020ソング 嵐の「カイト」。(米津玄師の作詞作曲ですが、なんとなく憶えづらかったです)。

総合司会の内村光良は、よくやっていました。紅組司会の綾瀬はるかは、ちょっとぎごちなかったですが。