「言語教育研究会」 第25回研究会

1週間前、4月6日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第25回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は8人。新しい参加者は、指導主事の先生でした。

前半は、『月刊 国語教育研究』の564号に掲載された、首藤先生の論文、「通じる喜びが言葉の育ちを支える-幼児期の学びは遊び単元で-」について、質疑応答、話しあいがもたれました。

「遊び単元」というのは、首藤先生のオリジナルだそうです。

「幼児教育では、「単元学習」という言葉に、違和感をもつ人が多い。大村はまたちが、「教える」とか「学習目標」とか「単元目標」という言葉を、出してしまった」

「幼児教育では、「遊びや生活をとおしての学び」、「子どもから自然に出てくるもの」を大切にする人が、多い。ただ、「遊びのひとまとまり」と考えれば、単元学習を幼児教育に活用する道が見えてくる」ということでした。

ちなみに、幼児教育では、「学習指導案」とか「学習目標」という言葉よりも、「活動案」といった言葉が、よく使われるそうです。

また、「子供」と「子ども」の使い分けについての質問も出ました。「自由学園の創始者の羽仁もと子が、「子ども」に変えようと提唱したが、その後の文部科学省の決定では、「子供」にすることになった」そうです。

後半は、テキストの26-27ページを読みました。マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』の序文を引用。

「ホールランゲージの教師は、ある言語や方言や登録語を、除外することはしない」「それぞれの言語のもつ社会的な価値、それを使う話者への影響は認識しているが、それらを適切に視野にいれる」ということでした。

「ホールランゲージの教師は、科学的な視点(言語学や心理学など)を尊重すると同時に、人間的な視点(子どもやすべての言語へのリスペクトと愛情)を大事にしているんだなあ」と思いました。

最後のふり返りでは、首藤先生のヒサジイ学室、「学ばせない」「働きかけない」という実践の紹介もありました。「馬を川まで連れていくことはできるが、水を飲ませることはできない」ということでした。

楽しい学びの時間でした。

『いっしょにのぼろう』

マリアンヌ・デュプク (著)、 さかた ゆきこ (翻訳)の絵本、『いっしょにのぼろう』(2018年、TAC出版)を、図書館から借りて、読みました。

在日カナダ大使館広報部のメールマガジンで、紹介されていて、興味をもっていました。

著者は、1980年、カナダのモントリオール生まれの絵本作家。ケベック大学モントリオール校でグラフィックデザインを学び、2006年に初めての絵本、『La Mer(海)』を発表。

その後、『ネズミのゆうびんやさん』『ネズミのゆうびんやさんのなつやすみ』(偕成社)など、多くの絵本を手がけ、数々の賞を受賞。この絵本は、2018年のカナダ総督文学賞(フランス語/児童書部門)、TDカナダ児童文学賞を受賞とのこと。

「日曜日にはいつも、仲間たちとふれあいながら、<こんもり山>にのぼるアナグマのおばあさん。 ある日、子ネコのルルと出会ったことで、ふたりは一緒に山にのぼるようになります」

「山の秘密や、友達をたすけること、そして自分でえらばなければならないことなど、ルルはアナグマのおばあさんからさまざまなことを学んでいきます。おばあさんとルルとのやりとりを通じて、人生について考えさせられます 」ということ。

15分で、読めました。読後感は、いいです。

なんとなく、これまで年上の人から教えられてきたこと、これから年下の人に伝えていきたいことが、浮かんできます。大人も、しみじみ楽しめる本だと思います。

『きみへの距離、1万キロ』

かなり前ですが、レンタルした映画のDVD、『きみへの距離、1万キロ』(2017年、カナダ)を見ました。カナダ人の監督、キム・グエンの作品ということで、興味を持っていました。

第74回ヴェネツィア国際映画祭においてヴェネツィア・デイズ部門フェデオラ賞受賞ということ。キャッチコピーは、「それは、遠隔操作な片想い」。

「北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプライン。そこで石油泥棒を監視する小さなクモ型ロボットを、1万キロ離れたアメリカ・デトロイトから遠隔操作しているオペレーターのゴードンは、ある日、監視ロボットを通してアユーシャと出会う」

「いつも暗い表情を浮かべている彼女の事情が気になったゴードンは、監視ロボットを駆使してアユーシャの身辺を探り始める。そして、彼女の状況を知ったゴードンは、大胆な行動に出る」というストーリーです。

キム・グエン監督は、『魔女と呼ばれた少女』という、かなり重いテーマを扱った作品があって、ちょっと心配だったのですが、現代的なハッピーエンドのラブストーリーでした。

「さまざまな手段でいつでもどこでも世界の誰とでも繋がることが出来る日常、その一方で、未だ古い風習に囚われ自由な生き方さえ許されない文化-そういった対極にある現実」を、うまく描いていたと思います。

そして、主人公のひとり、リナ・エル=アラビは、きれいでした。作品の評価は、まあまあ。ひさしぶりのカナダ映画でした。

『宝くじで1億円当たった人の末路』

鈴木信行の『宝くじで1億円当たった人の末路』(2017年、日経BP社)を、読みました。

まず、書店で見て、題名に魅かれました。次に、目次を見ると、自分にも当てはまりそうな項目がいくつかあったので、購入を決めました。

著者は、日経ビジネス副編集長。慶応義塾大学経済学部卒業。日経BP社に入社。「日経ビジネス」、日本経済新聞産業部、「日経エンタテインメント!」、「日経トップリーダー」を経て、2011年1月より現職ということです。

目次の項目は、宝くじで1億円当たった人、「友達ゼロ」の人、子供を作らなかった人、自分を探し続けた人、留学に逃げた人、8時間以上寝る人など。

共通するテーマは、「人生で一つの『選択』をした後、どんな『末路』が待ち受けているか」。結論は、「同調圧力なんて関係ない。今日から自分がやりたいことをやり、やりたくないことはやめましょう」。

読みはじめてから、5か月かかりました。はっきり言って、ハズレ本でした。興味深い項目が並んでいますが、インタビューしたのは、ひとつの項目について、ひとりだけ。それも、科学的データにもとづいたものではありません。

この本は、漫画やテレビドラマにもなっているようですが、見ることはないでしょう。アマゾンの評価で、5段階の2.5というのも、肯けます。『人は見た目が9割』と、同じ。題名と目次につられたことを、後悔しています。

『クラカチット』

3月20日、招待をいただいて、西武新宿線の武蔵関駅近くにある、ブレヒトの芝居小屋で、東京演劇アンサンブル制作による演劇公演、『クラカチット』を見てきました。「ブレヒトの芝居小屋 最終公演」ということです。

東京演劇アンサンブルの公演は、2年半ほど前に、『ミラー』を見たことがあります。イエスシアター(パレスチナ)との共同制作による公演でした。

そのとき、はじめて「ブレヒトの芝居小屋」(稽古場・劇場)を訪れたのですが、古いポスターや新聞記事が貼られたロビーに、なんとも言えない居心地のよさを感じたことを覚えています。

今回の公演は、チェコを代表する作家、カレル・チャペックが1924年に発表した、SF長編ロマン、『クラカチット』の脚色上演ということ。

開演10分前に劇場にはいったら、中央は、最前列しか空いていなくて、休憩を含めて3時間10分、俳優の汗がわかる席で見ることになりました。

ストーリーは、「プロコプは新型原子爆薬「クラカチット」の製造に成功する。直後、予期せぬ爆発で大怪我を追ったプロコプは、友人トメシュに助けられ、その製造の秘密を明かす。借金まみれのトメシュは、金策のため実家へ戻ると告げて姿を消す」

「そのトメシュを訪ねてひとりの女性がやって来る。自殺をほのめかしていたトメシュを追ってくれと懇願する娘。その一途さにほだされたプロコプは、トメシュを追う旅に出る。それは「クラカチット」をめぐる長い旅の始まりだった」というものです。

予備知識なしで見ました。最初は、原子爆薬をめぐる物語だと思っていたのですが、中盤から、主人公とさまざまな女性との関わり(ヴェールの娘への恋慕、若く溌溂としたアンチとの淡い恋、高慢な王女ヴィレとの愛憎)が、描かれていきます。

「この作品のテーマは、何なのだろう」と、すこし戸惑いながら見ていったのですが、最後に、「爆薬の発明も、異性との愛憎も、基本、人間の欲望からでてきたもの」と、納得しました。

『ミラー』とは、ずいぶん異なる翻訳劇で、劇団の幅の広さを感じました。そして、居心地のよかった劇場に、さよならを言えたことがよかったです。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

昨日は、テレビで録画しておいた映画、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年、アメリカ)を見ました。

アメリカのスペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズの実写映画本編を補完する、実写映画スピンオフ(外伝)作品シリーズ「アンソロジー・シリーズ」の第1作品目。

ジョージ・ルーカスの長年の思いが結実した、初めて描かれるキャラクターたちによる新たな世界を描いたもうひとつの「スター・ウォーズ」。

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の少し前、ジェダイが滅んだ後の世界を舞台に、圧倒的勢力を持つ帝国軍の究極の兵器デス・スターの誕生と、それを阻もうとする反乱軍の名もなき戦士たち=“ローグ・ワン”の誇り高き戦いを描いた作品ということです。

私は、『スター・ウォーズ』シリーズの熱烈なファンというわけではないのですが、公開された作品は、ほぼすべて見ていると思います。

今回は、スピンオフ映画ということで、あまり期待していなかったのですが、予想をこえて、よかったです。娯楽作品というよりも、人間の愛や葛藤、友情や戦いを描いた作品だと思いました。(あとで、アマゾンのレビューを見たら、こちらも高評価でした)。

ちなみに今回は、吹替で見たのですが、(英語の音声が、聞けませんでした)、これもよかったです。字幕なしの英語版では、ストーリーをきちんと理解できたか、怪しいので。

また、見る前に、ウィキペディアのあらすじを見ようかどうか迷い、結局見なかったのですが、これも正解でした。あとで読んだら、結末まで書かれていました。

「言語教育研究会」 第24回研究会

1か月前ですが、2月11日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第24回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は6人。新しい参加者は、なし。

かなり記憶が曖昧なのですが、前半は、テキストを読みました。社会言語学者のハリディの説を用いて、「言語純粋主義者は、言語使用において、完全な適切さをもとめる。裁判官のようだ。これは、人間の言語に対する尊敬の欠如を覆い隠す」

「また、パワーと社会的ステイタスのある人々の言語は、それらがない人々の言語よりも、よいものととられる。言語への社会的な姿勢は、人々への社会的姿勢を反映する」ということでした。

そこから、「美しい日本語とは。それを教えるべきか」という話しあいに発展しました。首藤先生いはく、「まず通じるかが、大事。共通語でないといけない。言語は、社会的なもの。家庭や職場など、環境によって異なるし、年代やグループによっても変わる」

「美しいとか正しいというのは、必要ないが、目的と相手に応じて、適当な言語というのは、必要だろう。大和ことばだけを使っていたら、現代では、コミュニケートできないでしょう」ということでした。

「各地の方言には、わりと古語が残っている」という指摘もありました。

それから、「幼稚園と小学校の接続を、どう考えるべきか」という質問もでました。首藤先生いはく、「滑らかな接続と適度な段差でいいのでは。段差は、もともとある。新たにつくる必要はない」ということでした。

後半は、2人が早退され、参加者の3人が、働きながら、学位論文を書こうとしていることから、そのための情報交換やアドバイスをしあう、インフォーマルな話しあいとなりました。首藤先生の大学院のゼミ授業にいるようなかんじでした。

楽しい学びの時間でした。

ウズベキスタンでのアシテジ・アジア会議⑩-まとめ

今回の7日間のウズベキスタンでの滞在をふり返ると、「いった甲斐はあった」、「楽しかった」となります。

アシテジ・アジア会議では、「実演家でない自分が、日本の児童青少年演劇について、きちんと説明できるだろうか」と不安だったのですが、なんとか発言できました。

観劇や食事や観光を一緒にするなかで、アジアのアシテジセンターの代表とも、より親しくなることができました。とくに、韓国の2人の代表と、いろいろ話せたのは、よかったと思います。

また今回は、私にとって、はじめての中央アジアへの訪問でした。(このような機会がなければ、一生足を踏みいれることがなかったかもしれません)。

それでも、ホストやボランティアのおかげで、大きなトラブルもなく、滞在を楽しむことができました。

いま、私のフェイスブックには、たくさんの友達申請がきています。「タイムラインが、読めない外国語で埋まるのは、困るんだけどなあ」と思いながら、ウズベキスタンで会った参加者との再会を楽しみにしている自分がいます。

ウズベキスタンでのアシテジ・アジア会議⑨-観光(その2)

最終日は、観光とショッピング、移動の日でした。(すこしゆっくりしたかったので、1日、自己負担で、延泊しました)。

まず、2人のボランティアの協力を得て、ティムール博物館にいきました。ウズベキスタンの歴史の一端がわかりました。

次に、地下鉄に乗って、チョルソーバザールへ。香辛料やドライフルーツ、乳製品や野菜、服や靴を売る店が並び、活気がありました。お土産に、タシケントのTシャツを買いました。

昼食は、サムサ(肉や玉葱のはいったパイ)。夕食には、地元の人が集まるレストランで、シャシリク(羊肉や鶏肉の串焼き)、ビールをとりました。おいしかったです。

ちなみに、今回、ボランティアの通訳(大学生)には、本当にお世話になりました。彼らは、「外国の人とあまり話す機会がないので、勉強になります」といっていましたが、大活躍でした。ありがたいです。

帰りの飛行機は、ほぼ時間どおりでした。

ウズベキスタンでのアシテジ・アジア会議⑧-観光(その1)

4日目は、観光とショッピングの日でした。

まず、バスに乗って、イスラム教のモスクにいきました。天井や壁の装飾は、独特なデザインで、きれいです。神聖なかんじでした。(ウズベキスタンの国民の9割以上は、イスラム教信者だそうです)。

次に、メドレセと呼ばれる、神学校にいきました。1階の部屋のほとんどは、工房・みやげ物屋になっていました。木彫りのお皿に、ペイントをした装飾品が、人気のようです。

それから、アンティークのスザニ(刺繍の施された布)を売る店にいきました。とくに興味もなかったので、チャイハナ(喫茶室)で、緑茶と甘いお菓子をとりました。

そのあと、スーパーマーケットへ。通訳の人が熱心に勧めるので、ドライフルーツとナッツの詰め合わせ、お茶菓子を買いました。あわせて、400円。(安いです)。

ちなみに、ウズベキスタンの人は、レーズンや杏やプラムやイチジクなど、ドライフルーツを、よく食べます。「夏は乾燥して暑いので、果物が傷みやすい。そのために、ドライフルーツにする」ということでした。

夕食は、劇場近くの喫茶店で、プロフ(肉、玉葱、人参をいれた、炊き込みご飯)、サワークリーム、ナン(円形のパン)を食べました。ウズベキスタンの国民食ということです。