『万引き家族』

かなり前ですが、テレビで録画しておいた映画、『万引き家族』(2018年)を見ました。

「カンヌ国際映画祭パルムドール<最高賞>受賞。日本アカデミー賞総なめ」ということで、興味を持っていました。

もともと、是枝裕和監督の作品は、好きです。『誰も知らない』は佳作だと思っているし、『海街diary』は大好きな作品です。

「東京の下町に暮らす柴田治とその妻信代は、息子の祥太、信代の妹の亜紀、そして治の母の初枝と同居していた。家族は治と信代の給料に加え、初枝の年金と、治と祥太が親子で手がける万引きで生計を立てていた」というところから、話がはじまります。

家族のひとりひとりが、いろいろな過去を抱えていて、それらがすべて説明されないので、ちょっと理解が難しい部分があります。

また、万引きとか、児童虐待とか、青少年の性風俗とか、貧困とか、社会の暗い部分も、描かれます。ハッピーエンドでもありません。

ただ、家族6人が、海にいってはしゃぐシーンは、印象的でした。「家族って、何だろう」と考えました。そういう意味では、いい作品でした。