『最高の人生の見つけ方』

先週の土曜日は、アマゾン・プライムで、パソコンの画面で、日本の映画、『最高の人生の見つけ方』(2019年)を見ました。399円。

昨年末、「どうしても見たい」と思っていた映画でした。9月に逝去した叔父の影響もあったと思います。

家庭のために生きてきた幸枝と、会社のために生きてきたマ子。全く違う世界に暮らしてきた2人が偶然に出会い、自分たちの唯一の共通点は余命宣告を受けたことだと知る。

主婦業と仕事以外に何もやりたいことのない人生の虚しさに気づいた幸枝とマ子は、たまたま手にした12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行する無謀な旅に出る、というストーリーです。

流れに多少無理はあるのですが、印象的なシーンの多い映画でした。「スカイダイビングをする」、「ももクロのライブに行く」、「日本一のパフェを食べる」、「好きな人に告白する」。どれも、なかなかできないことです。

そして、ただ楽しむだけではありません。ひきこもりの息子、借金から逃げた父親など、自分の家族と向きあう難しさも、描いています。

主演は、吉永小百合と天海祐希。どちらも大女優ですが、吉永は静の美しさ、天海は動の美しさがありました。共演のムロツヨシ、満島ひかりも、よかったです。(ムロのコンサートでのはじけぶりは、見ていて楽しかったです)。

ラストは、意外な展開になるのですが、見終わったあとに、すがすがしくなれる映画でした。竹内まりやの主題歌もいいです。

見終わってから、終活に関しても、考えました。「TO DO リスト」や「宝地図」はつくっていますが、「死ぬまでにやりたいことリスト」も、つくろうと思います。

それにしても、映画を見たのは、ほぼ半年ぶり。もっと、心に栄養を届けないといけません。

『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』

染谷昌利の『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』(2013年、インプレス)を、読みました。

著者の本は、『世界一やさしい ブログの教科書 1年生』『世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生』を、読んだことがあります。わかりやすい本でした。

ブログ関係の本では、ちきりんの『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』、立花岳志の『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を、読んだことがあります。それらの次に選んだのが、この本でした。

ただ、アマゾンの評価は高いものの、題名と表紙から、「自分の体験をもとに、ブログで小金儲けする方法を、説明した本ではないか」と思い、購入せずに、図書館にリクエストを出していました。 借りられるまで、1年近くかかりました。

著者は、1975年生まれ。妻一人息子一人。4年制大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当および営業担当を12年間経験した後、2009年に非IT系出身ブロガーとして独立。

運営するブログ「Xperia 非公式マニュアル」が人気を集め、Google AdSenseの成功事例に取り上げられる。現在はブログの運営や執筆、講演、企業やブロガー・アフィリエイター向けのコンサルティングにより、生計を立てているということです。

本書は、「テクニックありきではない人気ブログの作り方を解説したSNS時代の新しい生き方本」。「自分の好きなこと(個性)をネットで収入に変える方法を、根本となる考え方や具体的な収益方法を交えて解説」ということです。

2日で読みました。読みやすかったです。「ブログで飯を食う」ための根幹部分について、書かれた本でした。初心者には、いいと思います。

ただ、新しい学びは、あまりありませんでした。また私は、プロ・ブロガーも目指していないし、毎日、ブログを更新することもできません。

そして、時代はもう、ブログから YouTube に移っているので、すこし内容の古さを感じました。(まだ「YouTube をはじめよう」とは、思っていませんが。ITに関しては、じっくり様子を見て、メジャーになったものに取り組むタイプです)。

それにしても、ブログとメールで確認したら、じつに1年9か月ぶりのパソコン関係の本の読書でした。もっと積極的に、新しい情報をとっていかないといけません。

『あり金は全部使え』

堀江貴文のビジネス書、『あり金は全部使え-貯めるバカほど貧しくなる』(2019年、マガジンハウス)を、読みました。

書店に平積みになっていて、タイトルや帯が挑発的で、興味を持っていました。昨年の7月に購入して読みはじめ、読み終わるまでに5か月かかりました。

堀江貴文の著書は、『稼ぐが勝ち』『ゼロ』『多動力』を、読んだことがあります。ただ、ちょっと言葉遣いが雑で、本も粗製乱造の気配があり、ファンというわけではありません。

著者は、1972年、福岡県生まれ。SNS media & consulting 株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースを手掛けるなど、幅広く活動を展開ということです。

宣伝文では、「成功、人脈、情報、周囲の援助、充実感、幸福感 etc。すべては、お金を使うほどに高まる!最強の人生を拓く絶対ルールを、40の項目にまとめて紹介!堀江貴文哲学、究極の集大成!」と書かれています。

前書きには、「あり金をすべて使うつもりで、やるべきことをしよう。そうすれば、お金に使われ続けるマインドからは、きっと脱出できる」とありました。

たしかに日本には、「コツコツとお金を貯めること」を美徳とする、「貯金信仰」があります。

それに対して、「お金を自分に投資すること」の意義を教えてくれたのは、鳥居祐一でした。最近では、内藤忍も、「50歳を過ぎたら、お金をどう貯めるかだけでなく、どう使うかも考えていくべきだ」というような話を、ブログに書いていました。

そういう意味で、著者の総論には、賛成です。

ただ、ワタナベ薫のブログで、「私の周囲で、自己啓発にはまって、会社を辞め、貯金をセミナーや情報商材に使って、自己破産寸前になった人を、複数見てきた」というような話を読みました。そういう危険はあると思います。

本のなかから、共感した項目。「家を買うな」、「貸し金は捨て金と知れ」、「高くても都心に住め」、「ジムに行け」、「思考の筋トレを怠るな」、「オシャレに気を配れ」。

共感が難しかった項目。「タクシーを使え」、「行列に並ぶバカになるな」、「昼から迷わずうな重を食え」。

考え中の項目。「スマホは最高スペックにこだわれ」、「欲しいモノはすぐに買え」。

『マンガでやさしくわかる親・家族が亡くなった後の手続き』

田中幸宏の『マンガでやさしくわかる親・家族が亡くなった後の手続き』(2016年、日本能率協会マネジメントセンター)を、読みました。

昨年9月、ひとり暮らしの叔父が逝去して、「葬儀やその後の手続きを、補佐しなければならないかも」と思い、書店で購入した本の1冊です。(実際には、叔父の弟さんが、すべて引き受けてくれて、心配しなくて済みました)。

著者は、1970年、東京都生まれ。京都大学文学部卒。20代で中経出版第3編集部編集長に抜擢され、ビジネス書初のミリオンセラー『経済のニュースが面白いほどわかる本』を担当。30歳を目前にして独立。以後、フリーの編集者兼ライター。

マンガは、あべ かよこ。難しい内容をわかりやすく、笑いを加えて解説するマンガが得意。税務監修は、税理士法人レガシィ。相続案件実績日本一(累計8887件)。

「仕事中、主人公の小川華(45)の元に、妹の朋(38)から急に連絡が入った。この間まで元気だった母が急逝したというのだ。死亡届、通夜・葬儀、保険・年金、相続手続き…母を亡くした悲しみに浸かる間もなく、やらなければいけないことが次から次へと現れて―」

「誰もが避けて通れない、親・家族が亡くなった後にやらなければならない手続き・届け出の方法を、マンガと図解、エピソードをもとに解説」ということです。

読みはじめたのは、昨年9月。知らないことが多く、2度読みしてから、次の章に進んでいったので、読み終わるまでに、4か月かかりました。

マンガということで、「読みやすい半面、必要な情報が少ないのでは」とも思ったのですが、相続専門の税理士法人が監修していることもあり、大事な情報は網羅されていたかんじです。

それにしても、「日本の葬儀やその後の手続きは、大変だなあ」という印象をもちました。葬儀は葬儀社、その後の手続きは税理士や司法書士に、依頼する人が多いのも、いまでは頷けます。