第70回 NHK紅白歌合戦

かなり前ですが、テレビで、録画しておいた、「第70回 NHK紅白歌合戦」を見ました。1日に30分くらいずつ見ていって、1週間かかりました。

私は、「NHK紅白歌合戦」を、日本で最大のコンサートだと思っています。これだけのアーティストが、これだけのお金をかけたステージで、これだけ熱唱することは、まずありません。

多くの人は、ザッピングをしたり、年越し蕎麦の準備をしながら見るようですが、私は録画をして、きちんと見ます。

今回、「歌がうまいなあ」と思ったのは、Superflyの「フレア」、MISIAの「アイノカタチメドレー」。

印象に残っているのは、椎名林檎の「人生は夢だらけ~お願いガッテン篇~」。椎名は、「よくわからない音楽」というイメージがあったのですが、魅かれる人がいるのもわかりました。

氷川きよしの「紅白限界突破スペシャルメドレー」も、記憶に残っています。演歌歌手という枠を超えて、アイドル、ロック歌手のようでした。

あとは、竹内まりやの「いのちの歌」、AKB48「恋するフォーチュンクッキー~紅白世界選抜SP~」も、よかったなあ。

残念だったのは、AI美空ひばりの「あれから」。(無理がある気がします)。それから、NHK2020ソング 嵐の「カイト」。(米津玄師の作詞作曲ですが、なんとなく憶えづらかったです)。

総合司会の内村光良は、よくやっていました。紅組司会の綾瀬はるかは、ちょっとぎごちなかったですが。

「コドモノミライ-現代演劇とこどもたち」展

かなり前ですが、昨年の12月24日は、早稲田大学の歴史館で、「人形劇やばい!」展、演劇博物館で、「コドモノミライ-現代演劇とこどもたち」展を、見てきました。(どちらも、飛田勘文君が、キュレートしています)。

前者の展示が最終日、後者の展示が最終日前日だったせいか、平日の夕方にもかかわらず、そこそこ混んでいました。

「人形劇やばい!」展は、ひと部屋の展示。人形劇というと、NHKテレビの「チロリン村とくるみの木」とか、「ひょっこりひょうたん島」など、子ども向けのものが、思い浮かびます。

ただ、その他にも、ダーク座の骸骨の人形、人形劇団プークの姉が弟の腹を包丁で切り裂くといったグロテスクな大人向けの人形劇など、あったということ。あまり期待していなかったのですが、学びがありました。

「コドモノミライ-現代演劇とこどもたち」展は、題名から、「現代演劇のなかで、こどもたちがどう描かれているか」に焦点があるのかなあと思っていたのですが、いい意味で裏切られました。

1階と2階の展示室では、子どもたちをテーマとした大人向けの演劇だけでなく、子どもたちのための、あるいは子どもたちによる演劇についても、スペースが割かれていました。児童青少年演劇、演劇教育のコーナーもありました。

キュレーターの飛田君の、これまでのさまざまな出会いや学びが辿れるようで、とても興味深かったです。楽しみました。

それにしても、ブログとメールで確認したら、じつに2年5か月ぶりの展覧会の鑑賞でした。もっと頻繁に、心の栄養をとる機会をつくらなくてはなりません。

「合唱de歓喜」 演奏会 『第九』

かなり前ですが、昨年の12月22日は、東京・秋川キララホールに、「合唱de歓喜」の演奏会、『第九』を聴きにいきました。

「合唱de歓喜」合唱団は、2012年の結成。小学生から80代までの幅広い年齢層からなる合唱団です。演奏会は、8回目ということ。(高校3年の時のクラスメートと、その息子さんが、この合唱団にはいっています)。

私は、一昨年に続いて、2回目の鑑賞です。今回は、同じく高校3年の時のクラスメートと、聴きにいきました。秋川のコメダ珈琲で、シロノワールとコーヒーの昼食をとり、会場へ。

自由席だったので、開演の30分前にいったのですが、正解でした。よい席が取れました。

第1部は、「崇高なるヘンデル」。(第1部のプログラムは、毎年、変わるそうです)。「シバの女王の到着」「私を泣かせてください」「ハレルヤ」は、どこかで聞き覚えのある曲でした。

第2部は、「ピアノ2台によるリスト版 ベートーヴェン『第九』(合唱付)全楽章」。(スタインウェイ社のフルコンサートピアノが2台あるホールでした)。

今回、聴いていて思ったのは、「指揮者やソリスト、合唱団も大変だが、ピアニストは、もっと大変かもしれない」ということ。休憩なしで、ずっと弾き続けるわけですから。

また今回も、村越大春という芸術監督・指揮者が、ユーモアをまじえて解説もしてくれ、ありがたかったです。(私はもう、ファンです)。

クラスメートは、いつものように、すこしからだを揺らしながら、力強く歌っていました。

息子さんは、「今年で、大学卒業・就職の予定。来年からは、まだどうなるかわからない」ということ。「第2部の参加だけでも、続けられるといいのになあ」と思ったりします。

あたたかい気持ちになる、素敵なクリスマスのイベントでした。(スケジュール帳に、今年の演奏会の予定も書きこみました)。年末に、恒例の行事があるというのは、いいものです。

「言語教育研究会」 第29回研究会

かなり前ですが、昨年の12月21日は、「言語教育研究会(ケネス・グッドマン原書講読会)」の第29回研究会がありました。千葉大学名誉教授の首藤久義先生を囲んで、Kenneth Goodman の『What’s Whole in Whole Language?』を読んでいく研究会です。

参加者は8人。新しい参加者は、イギリスのエセックス大学や都立大学の大学院で、社会学を学んだ方でした。首藤先生の奥様の同僚とか。

最初に、自己紹介。次に、休憩をはさみながら、テキストの28-29ページを読みました。「教えるという視点」についてでした。いくつか引用すると、

「ホールランゲージの教師は、自分たちをプロフェッショナルだと思っている」「プロとしての能力と知識を、使う余地が与えられることを期待している」

「ホールランゲージの教師は、基礎読本、ワークブック、系統学習などを、受けいれない。そのかわりに、テーマ単元で、児童文学作品を使ったりする」「到達目標のあるプログラムとも、相容れない」

「ホールランゲ―ジの教師は、子どもたちと自分のプロ意識のために、ある教材やプログラムを、拒否する権利と義務をもっている」ということです。

首藤先生いはく、「教科書を利用して、縛られないというのが、処世術」「ドイツの教師は、6割しか、教科書を使わない」「E-learning は、ホールランゲージと真逆かもしれない」とのことでした。

また、「ラーメンを、1本1本食べても、おいしくない。ズルズルとすするのが、おいしい」という言葉も、印象に残っています。

最後の感想と質疑の共有では、私が麹町中学校の実践について、みなさんの感想を訊きました。「定期テストの廃止もいいが、単元テストの準備は大変だろう」「複数の担任制もいいが、内申書や所見は、誰が書くのか」といった意見が出されました。

その他、大村はまの実践(首藤先生いはく、「大村は、先に全部用意している。芦田恵之助やグッドマンは、後追い」)、図書館での経験(いろいろな人がくる。学校の教員は、結構まともで、もっと尊敬されてもいいのでは)などの共有もありました。

楽しい学びの時間でした。