『沿線地図』

かなり前ですが、山田太一・脚本のテレビドラマ、『沿線地図』(1979年、全15回)を、見ました。BS12トゥエルビで再放送していたのを録画して、一気に見ました。

山田太一の名前を見つけると、無条件に録画して、見るようにしています。こういう再放送は、ありがたいです。

『岸辺のアルバム』に続き、山田太一が書き下ろす衝撃のホームドラマ。自分の子供が高校を中退し、同棲を始める。そんな出来事に直面した2組の夫婦が、相次ぐ事件を乗り越え「生きる」ということを問いかけるという、ストーリーです。

「青少年の家出とドロップアウト、自分さがしが主題」ということで、期待して見ました。(私も、まだ自分さがしをしているようなかんじなので)。まあまあ、面白かったです。

ただ、見終わって思ったのは、私は高校生の子どもたちより、その両親の視点に立つことが多かったということです。私は家庭を持っていませんが、そういう年齢になったのかもしれません。

出演者でよかったのは、児玉清、岸惠子、河原崎長一郎、笠智衆。(岸惠子は、パリに居住していたのに、このドラマのために、4か月間のスケジュールをとって来日したとか)。真行寺君枝は、いまひとつかなあ。