『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』

染谷昌利の『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』(2013年、インプレス)を、読みました。

著者の本は、『世界一やさしい ブログの教科書 1年生』『世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生』を、読んだことがあります。わかりやすい本でした。

ブログ関係の本では、ちきりんの『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』、立花岳志の『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を、読んだことがあります。それらの次に選んだのが、この本でした。

ただ、アマゾンの評価は高いものの、題名と表紙から、「自分の体験をもとに、ブログで小金儲けする方法を、説明した本ではないか」と思い、購入せずに、図書館にリクエストを出していました。 借りられるまで、1年近くかかりました。

著者は、1975年生まれ。妻一人息子一人。4年制大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当および営業担当を12年間経験した後、2009年に非IT系出身ブロガーとして独立。

運営するブログ「Xperia 非公式マニュアル」が人気を集め、Google AdSenseの成功事例に取り上げられる。現在はブログの運営や執筆、講演、企業やブロガー・アフィリエイター向けのコンサルティングにより、生計を立てているということです。

本書は、「テクニックありきではない人気ブログの作り方を解説したSNS時代の新しい生き方本」。「自分の好きなこと(個性)をネットで収入に変える方法を、根本となる考え方や具体的な収益方法を交えて解説」ということです。

2日で読みました。読みやすかったです。「ブログで飯を食う」ための根幹部分について、書かれた本でした。初心者には、いいと思います。

ただ、新しい学びは、あまりありませんでした。また私は、プロ・ブロガーも目指していないし、毎日、ブログを更新することもできません。

そして、時代はもう、ブログから YouTube に移っているので、すこし内容の古さを感じました。(まだ「YouTube をはじめよう」とは、思っていませんが。ITに関しては、じっくり様子を見て、メジャーになったものに取り組むタイプです)。

それにしても、ブログとメールで確認したら、じつに1年9か月ぶりのパソコン関係の本の読書でした。もっと積極的に、新しい情報をとっていかないといけません。