『青春舞台2019』

かなり前ですが、テレビで録画しておいた、NHKのEテレの『青春舞台2019』を見ました。第65回全国高等学校演劇大会の特集です。

第1回は、12の出場校の紹介とドキュメンタリー。第2回は、最優秀賞を受賞した、神奈川の逗子開成高校演劇部の『ケチャップ・オブ・ザ・デッド』の舞台でした。

私が、内木文英先生の影響で、高校演劇のファンになってから、15年がたちます。2016年は、国立劇場の優秀校東京公演を見にいけたのですが、2017年は、YouTube。2018年と2019年は、テレビでの鑑賞となりました。

まず、12校の紹介では、イギリスの古典劇、デバイジング、歴史上の出来事、ゾンビの出てくる劇と、あいかわらず、日本の高校演劇の幅は広いなと感心しました。

次に、ドキュメンタリーも、よかったです。屋久島高校に、ナビゲーターの女優、松本穂香が訪問するのですが、苦労しながら演劇に取り組む高校生の姿が、印象的でした。

それから、最優秀校の公演は、ゾンビの劇。ホラー映画を製作中の3人の青年が、本物のゾンビと遭遇して繰り広げる、ドタバタ劇なのですが、先が読めず、はらはらしました。

主演のゾンビ役の高校生は、熱演。ゾンビの独白、小道具のケチャップも効果的で、演劇の可能性を感じました。

いつか、お金がはいったら、高校総合文化祭にあわせて、日本各地を旅したいなあと思ったりします。