『できるゼロからはじめる Android スマートフォン超入門』

法林岳之・清水理史のできるゼロからはじめる Android スマートフォン超入門 改訂3版(できるゼロからはじめるシリーズ)(2018年、インプレス)を、読みました。

アフィリエイト、インスタグラム、メルカリ、LINE、ビットコインときて、今度はスマホです。

私は現在、ガラケー(auの簡単ケータイ)を使っています。人と待ちあわせをするときくらいしか、持ち歩かないので、費用は、月に800-900円です。

ただ、昨年の夏、中国の北京にいったさい、知人がスマホで、行先までのルートを地図に表したり、LINEやメールを使ったりするのを見て、便利だなあと思いました。

ITに詳しい甥に訊くと、「大手キャリアのiPhoneは高いですけど、アンドロイドで格安SIMを使えば、月に3000-3500円くらいでできますよ」ということ。

とりあえず、入門書を読もうと思って、購入したのがこの本です。読みはじめてから、7か月かかりました。いまは、買うならば、HUAWEIのエントリー機でいいかなと思っています。

また、カメラ、地図、食べログ、乗換案内などは、使いたいなあと思いました。ただ、私が知りたかった、スマホの選定・購入・契約の手順、機種ごとの特徴などは、書かれていませんでした。

学生が、「スマホは、本で読むより、とりあえず買って、あとは友達に訊くのが一番ですよ」と助言してくれましたが、そのとおりかもと思います。

さて、大手キャリアのお店は回って、あとは近くのヨドバシカメラで相談する段階なのですが、人通りの激しいところに窓口があって、どうもいく気になりません。どうしようかな。