『最高の人生の見つけ方』

先週の土曜日は、アマゾン・プライムで、パソコンの画面で、日本の映画、『最高の人生の見つけ方』(2019年)を見ました。399円。

昨年末、「どうしても見たい」と思っていた映画でした。9月に逝去した叔父の影響もあったと思います。

家庭のために生きてきた幸枝と、会社のために生きてきたマ子。全く違う世界に暮らしてきた2人が偶然に出会い、自分たちの唯一の共通点は余命宣告を受けたことだと知る。

主婦業と仕事以外に何もやりたいことのない人生の虚しさに気づいた幸枝とマ子は、たまたま手にした12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行する無謀な旅に出る、というストーリーです。

流れに多少無理はあるのですが、印象的なシーンの多い映画でした。「スカイダイビングをする」、「ももクロのライブに行く」、「日本一のパフェを食べる」、「好きな人に告白する」。どれも、なかなかできないことです。

そして、ただ楽しむだけではありません。ひきこもりの息子、借金から逃げた父親など、自分の家族と向きあう難しさも、描いています。

主演は、吉永小百合と天海祐希。どちらも大女優ですが、吉永は静の美しさ、天海は動の美しさがありました。共演のムロツヨシ、満島ひかりも、よかったです。(ムロのコンサートでのはじけぶりは、見ていて楽しかったです)。

ラストは、意外な展開になるのですが、見終わったあとに、すがすがしくなれる映画でした。竹内まりやの主題歌もいいです。

見終わってから、終活に関しても、考えました。「TO DO リスト」や「宝地図」はつくっていますが、「死ぬまでにやりたいことリスト」も、つくろうと思います。

それにしても、映画を見たのは、ほぼ半年ぶり。もっと、心に栄養を届けないといけません。